夏井くわみの歌詞のようなブログ

MENU

お知らせ

0
大変個人的なことですが、フィジカルの問題の治療に専念するために、しばらくブログはお休みをいただきたいと存じます。明日朝鍵をかけさせてもらいます。ここひと月は薬の副作用のため、満足のいく作品が書けずに大変申し訳なく思っております。、■結句今まで気がつかなかったけどこの街はちいさな死に溢れているあでやかなにぎわいのむこうの暗がりはちいさな敗北に埋まるおだやかな日々の中で喪服を着た一団とすれ違うぼくもい...

SHARE

天宮のアクロポリス

0
■天宮のアクロポリス 長い長い暗黒の階段を昇りつづけた 重い重い屈辱の足音が散らばってった Caution! 邪悪な果実に Attention!吸いこまれる  たましいのかけらたち 警告のアラームが点滅する きみとぼくは敵にもなれるし  味方にもなれる 凍りつく瞳孔 そのとき振り向いた きみの髪が静電気のように流れた 僕らの傷は同じ記号 偽らざる事実 帰ろう さあ この手を握って 虹色の声が手招きする 天宮のアクロポリスへ 昔...

SHARE

グッバイ

0
■グッバイ作詞Lionel Ritchie作曲Lionel Ritchie日本語詞 夏井くわみこの綴りは きみへつづくそのあとからきみが綴るうでをからめ 愛を込めてふたりは言う グッバイわかちあえた すべてがあり僕らは夢 はるかにみてたにじんでくる 風のなかでそっとかわすよ グッバイ思い出を かみしめてみる悪いことも よかったことも振り向けばあっという間のことさ最後になる このくちづけ祈るきみに幸あれと名残り惜しい 時のむこ...

SHARE

美貌の海

0
■美貌の海Wrtten By Vincenzo Enzo,Gragnaniello,Dulce Pntesララリララレララレラリララリラ・・・(女)それは蒼い海のように呼んでいる時をこえて 湛(たた)えられた深い哀しみの声よ狂おしさに 船をだせば私たちはなぜ罪になる(男) 愛してる その他にはここにもう何もないのさ愛してる 誰ひとり僕らを奪えやしないよ アモーレ(女)それはなんて終わりの暗示に似てる蝶々のように 霧に巻かれて ふたりはどこにいくの...

SHARE

花は流れた

0
■花は流れたたったひとことを言いよどんでいたねいつだってふたり 言えたのに長い年月をふたり携えてたなのに かんたんね 言葉ってきっと涙の場所まで 愛していたひと知れず 支えあい生きてきた何も言わず水面を花は花は花は流れた涙無しのわかれに花は花は流れたあっけないぐらいこわれるものなのねこころしかふたり 持たぬからたったひとことでつなぎとめられてた今日までのことね それさえも想いは見えないもんね そば...

SHARE