歌詞のようなブログ

MENU

平熱の嘘

0
■平熱の嘘何も思いつかなかった何を話したかさえ今は思い出せないけどあの時君を泣かせてしまった 君はきっとわかってた 僕がついた嘘の温度を同じ場所にいたって そうふたり違う空を見ていた聳えるビルの隙間 冬の星座だけまたたいてて僕らはわけわかんなく やみくもにただ歩いた君よ ふつうに平熱の嘘をついたあの僕をいつまでも許して欲しくない君よ あの日の平熱の嘘を憎んでほしいよ痛みのかけらはあるのにあの頃から...

SHARE

oo-kuh-LAY-lee

0
■oo-kuh-LAY-lee色とりどりのインコたちが 胸の孤島に棲んでたみんなはしゃいでいたけど そう ほんとはさびしくて兄貴めあての娘たちなんか ただナンパされるために露出度を競って思わせぶりなしぐさ見せてた*海が見えてくる 中古のワーゲン黄色い声があがったそうさ きみが言う通り あのBeach Houseには みんな 二度と 帰れやしないけど心はアロハ着て 今でも僕はoo-kuh-LAY-lee 弾くよ *そういうんじゃなかったでし...

SHARE

スカイラウンジ

0
■スカイラウンジラウンジで一杯やるのならいいそう返事をしておいたあなたからの電話の声に ふと心決めた私だった紫の影は薔薇のあざのようだわアイラモルト飲んで 窓を見たら日常会話だけ交わす その線人影もまばらになる ふたりは違うフライトを待つ日付も変わる 空港のスカイラウンジあなたの好きな香りを 纏(まと)ったそれが最後の言葉私じゃなくっちゃいけないことがあなたにあったのかしらえらんだと見せかけ そう...

SHARE

Phat143

0
■Phat143島影は溶けだして波音はくりかえす靄(もや)るヌードで寝返り打つジンが胸をつらぬくわたしは陣取るのよこの島のビーチ独りでいる 淡くふちどる裾礁(きょしょう)どうしてここにいるのか心は理解なんかもとめない潮風に白い午後は 眠たげなトロンボーン あなたを置いて この国に来たあなた以外の美しい男を思い浮かべる若い頃と違うわ照りかえすまぶしさにしばし気持ちをさまよわせるきれいなだけだったらふたりは終...

SHARE

0
■鷗私は一羽の鷗だったぎらつく 残酷なあなたの海が好きだった私はひとりの娘(こ)になった刺すような まなざしのあなたの波に愛されたはじめから終わる恋 あなたと想いを遂げたら鷗にもどらなくちゃいけないそんなさよならなど 頷けないしあわせとかなしみそのどちらでもない時間のほうがわたしは好きよ  想いからひとは生まれ そして 願いを 伝えては 希望を託(たく)す今わかる私の長い髪を巻きつけあなたを このま...

SHARE