歌詞のようなブログ

MENU

月ムスメ

0
■月ムスメコンビニの袋が落ちたうしろからあなたに急に抱きすくめられキスされたあれが月を宿した第一夜なんてことするの? ひどいよあなたは涼しい顔してあれほど恋になどわたしおちないと決めていたのに 友だちのままでいるのも 恋人になるのも そのまた逆もかんたんよね半分泣いている 過去の恋が苦しくさせる綺麗な想いの糸を指にからめ黒髪(かみ)をほどけば ほら 暗闇わたしはぼんやり 浮かんで 月ムスメビル群は...

SHARE

深雪(みゆき)

0
■深雪(みゆき)時に死に絶えてしまいたい日 髪を洗う 熱いシャワーをひねって ただ 涙を洗う  それでも流れていってくれないものがある ああ膝をつく そんな日がある そんな日もある あのひとには 伝えなかった  知らせないことも わたしの気持ちだった バラのようにキレイな彼女には  わたしなんて到底及ばないもの カスミソウの花束を 帰りに あるだけ全部 買ってかざっただって贈られても困るでしょう だからあ...

SHARE

清らかなスープ

0
■清らかなスープ男のキッチンに招待するよご覧片づいてて きれいだろう気の利いたものじゃないけれど どうか今夜のメイン・ディシュに期待して最近ちょっとションボリしてるよねなんだかいつでもうわの空だよたぶんぺットロス症候群だよほらきみが飼ってた猫 思い当たる?食事もとれないきみのためにぼくが勝手にきみのオーダー受けた今夜の主役はスープさ 長い会話しよう ぐつぐつ煮込んだスープを スプーンで ひとさじす...

SHARE

普通のドラマ

0
■普通のドラマきみはタンポポの綿帽子息を吹きかけまき散らしてる僕は鉄棒にぶらさがりさかさまな世界を見つめてる美しいものは残酷だねきみにふと言いかけてやめる告るよ きみに全否定されてもいい告るよ 嫌われる覚悟すら持ってるきみがためらいがちにうなずいたとき夕暮れが最後の光のように降りそそいだこれは悪役しかいないドラマ沈黙のなかの背徳行為殺人者より罪深いことは 気づかぬ心それすら日常的なものに過ぎないの...

SHARE

まちの女

0
■まちの女干し草のうえに よこたわるなんてはじめてよ いいかおりがするわあなたのその手に わたしはつつまれる美しさに 手のひらを伸ばすのあなたに似てるひとを思いつかないわたとえ名前が違っていたとしてもわたしは探し出すでしょう あなたをあなたが過ぎてしまってもわたしが過ぎてしまっても今こうしてふたりが愛し合っていることは決して過ぎない 99%のかなしみがあったとしてもあとの1%のしあわせを 選び取れる自...

SHARE

このカテゴリーに該当する記事はありません。