歌詞のようなブログ

MENU

とりあえず有名人にはなりたかないや

0   0
■とりあえず有名人にはなりたかないやきみは毎日届くLINEのスタンプきみは毎日響く まなざしの鐘きみは毎日とても素敵な庶民派 きみは毎日僕をホワイト・ハット・ハッカーマジョリティーにはなびきもせずふつうに埋もれるなくらしをかさねてく常温のキスで ヤドリギのほうみてる豪華な衣装で 宝石みたいな宮殿に住みたいなんて思わない僕らは3つ葉のクローバー生活のなかにかわいいもの見つけにいくよあなたは毎日吹く 朝陽の...

SHARE

Hard Duty

0   0
■Hard Duty一行メールの最後に追伸と書いて空白のまま きみに送信しておいたきみがそこに何を読み取るかは自由言いたいことはいつも最後にあんだよ本当は墨を摩(す)り 半紙に筆で書きたいそれはただひとこと 無垢にきみに傾いてゆく僕の気持ちなんて言っているかい?言うに及ばず 俺らの受難の日々は続く 知らないうちに初心をわすれている初志貫徹って言葉が 腰砕けになるけどせめて自分の人生ぐらい完走したいじゃないゴ...

SHARE

サン・サーンス交響曲第3番

0   0
■サン・サーンス交響曲第3番繋がれていたきみとぼくの手から希望がこぼれて 絶望の奈落へおちてゆくそこから悶絶のピラミッドやはり女の触覚のほうがピンときていて きみはしばらくその娘とのこと半ば黙認していたんだね家の中にはひとつやふたつの隠し事はあるぼくはひと言ズバリ言われた そのあとはご想像どうりというわけできみに先手打たれて 万事休すの態ですドブネズミのように きみを愛しヒキガエルのようにその娘も...

SHARE

ホームにて

0   0
■ホームにてひとつむこうの柱のそばにあのひとが立っていたなつかしい雨のにおいがこの胸にもながれてくるタッチパネルをさわってるあのひとは変わらないそれなりに歳をかさねてでも声はかけられなかったなんだか乗り合わせるのが照れくさくてひと便見送る誰も知らない青春が かさなるこころのなかでちいさく手を振るの忘れるためどれだけの月日その後かかったのでしょうあのひとの誕生日ごとなぜ泣きなくなったのでしょうあなた...

SHARE

想いをかさねて

0   0
■想いをかさねてわたしが住む東京が日の入りの頃あなたの住むブエノスアイレスは日の出ふたりはおなじ太陽を見つめることで分かちあえる何か見いだそうとするあなたが異動で彼の地に赴任してからわたしたちは太陽でむすばれているあなたはくちぐせのように言うせめてぼくたちだけはひとつの太陽を この手に抱き 想いを受け継いでいようと空も海もどこかでつながっているから風になれたら いつもそばにいられるねわたしは信仰の...

SHARE

ぼくがいるよ

0   0
■ぼくがいるよいちばん最後に笑ったのがいつか思い出せないのなら今僕と一緒にいちばん最初に笑ってみませんかかなしいことは胸の底に沈めてゆきましょう思い出の中でひとは生きていけません忘れてゆけることと同じだけ 思い出せる未来ぼくがいるよ ぼくがいるよしあわせは見つけてゆくもの一緒にこれから ぼくと探しに行きませんかきみが見えないと嘆くものは本気で見てないものばかりこころのまぶたあけてごらんぼくの気持ち...

SHARE

人間サーカス

0   0
■人間サーカス火を点ける者 流布される者 踊ってる者 動かしてる者狂ってる者 抵抗する者世の中で起きていることは必ず裏で操るやつがいる僕が漂白してやろうかな 国益に利することだけだ        The virtue is doneAnd the system has wonさあ 人間サーカスだ  見れば見るほど滑稽だ仕掛けを凝らした素敵なショー・タイム世界の悪人も善人ぶってるひとも お調子者もタンバリン叩いて総揃い さあ人間サーカスだ...

SHARE

Next. Goes On

0   0
■Next. Goes On どのあたりぐらいまで来たんだろう自覚もないままただ無我夢中でどこまで行けるのか古いスニーカー行きつく先などそう誰もわからない何度破り捨てられても伝えたい醜悪にさえ見えるこの世界にもまだ汚れていない場所がある絶望に選ばれしきみとぼくNext. goes on 次へ またその次へ 明るい声のするほうへ こころを駆け出してむこうへとぼくたちは歩く また一歩 近づく 未来はともだちたったひとつだけを手に...

SHARE

The House

0   0
■The Houseいたって平凡で 仲睦(なかむつ)まじくてとても普通そうな 一家がいる礼儀正しくて つつましやかで異常には見えない 一家がいる彼らは信仰心も厚く神に護られている筈(はず)だったのに人生がポーカーだったら何度でもやり直せるどんな家にもひとつやふたつ火種はあるが家のドアを閉めたら また例の言い争いがはじまって 飼い猫のミーシャは尻尾をボワっとさせたセコイアの大きな樹が 家の様子を隠してくれた ...

SHARE

The House

0   0
■The Houseいたって平凡で 仲睦(なかむつ)まじくてとても普通そうな 一家がいる礼儀正しくて つつましやかで異常には見えない 一家がいる彼らは信仰心も厚く神に護られている筈(はず)だったのに人生がポーカーだったら何度でもやり直せるどんな家にもひとつやふたつ火種はあるが家のドアを閉めたら また例の言い争いがはじまって 飼い猫のミーシャは尻尾をボワっとさせたセコイアの大きな樹が 家の様子を隠してくれた ...

SHARE

該当の記事は見つかりませんでした。