歌詞のようなブログ

MENU

守りたい 3つばのクローバー

0
■守りたい 3つばのクローバーときどきわからなくなるよ きみとぼくのあいだに微妙な違いが浮かんで それが大きくなるみたいだきみが願かけるポーズも 自分とぼくのことを祈っててくれたらいいけど そんなこともつい聞けないよ△ ぼくらをもし写真で撮ったら フレア ゴースト ハレーション この3点セットがあるよ世界にはたくさんのひとや場所があるからひとはそれで迷うんだよね いろんなひとや場所にバターとメープルシロ...

SHARE

クロコダイル・マン

0
■クロコダイル・マン巷の噂じゃ彼は クロコダイル・マン温和に見えてもガブリといくと何でも噛み砕いては クロコダイル・マン砂のよな現実も のみこむ△ 鈴をころがすような声で 男たちおびき寄せるあの娘の被害者 彼もまた ぼく同様彼はみんなの敵に見えるだろう彼はデビル装着していそうだろういえいえ彼もまたただの恋するにんげんしわがれた声で クロコダイル・マンが泣くとこを見た「愛なんて知るんじゃなかった こん...

SHARE

消印

0
■消印水上飛行機が 着いた島はちかくまで珊瑚礁が透けてたふたり貸し切りにしたよって云った事後承諾が彼流だったの一週間のヴァカンスをどう過ごしましょう?私がラニアになれるようにはからってくれた彼 「想いは見えないから 行動で示すしかない」それが彼の愛し方陽ざしが 鼻先にちらついて 彼を見つめたらわざとつめたくする いいわ彼の野蛮なたくらみ ノルしかないわ ウォーター・ガーデン・アイランド・スパでゆっ...

SHARE

二度とこない心

0
■二度とこない心モーブのかけらが降りてくる夜明けのドアを閉めたとたんつまびらかにはしなかったこの想いを汲んで欲しいのどこにも保存しないこの思い出は5年経てば いい恋だったと云えるでしょう始発にのれば はじめてこの駅に降りた日を思い出すけど取り戻せない日々レイル・ロード・タイ ひとつ二度と来ない私の心になる昨夜はかなりどしゃぶりで夜に洗濯をしたからコイン・ランドリーに入れて車でふたりよく話した私とのこ...

SHARE

ただすれ違うように

0
■ただすれ違うようにおとこ嫌いのように振る舞って来たあの女(ひと)もその過去にいろいろおとこを巡り あったのだろうおんな嫌いのように生きてきてしまった僕もそれなりの理由と過失があったことはみとめる懲(こ)りた想いがそうさせるのか恋することが面倒になったのかしかし日常には 時として 予期せぬことは起きるものであのひとも僕も最初はそれが何かわからなかった事故のなか 工場のなか 防護服を着て 倒れるよう...

SHARE

GoodBye 180 min.

0
■GoodBye 180 min. 彼女が云う 「ほんの今まで愛してた。 今度はあなたがもうそれも忘れたよ」って云う番よ リングふたつ ネクタイピンで止めたあと 近くの濁った河に投げて別れを祝ったよね 夜も濃くなり 10分経ち さっきまで タイ料理店でくつろいでた 余裕で 30分くらい食べて飲んで微笑んでた きっと心のどこかでは かなしみのかけらが 星になって刺さってたけど お互いもういい大人だし取り乱したりしないって きみがタ...

SHARE

0
■我いぶかしげなものが胸にきてほろ苦い香りでぼくをくすぐっていたいかがわしいものが胸に吹き迷惑な顔してぼくは無視をしていた胡散臭いものは居座ってこころは怪しくていいとぼくを誘う怪訝そうなものがこの世間もっともらしいこと 言うがウソだと言うよ花は散る間際がいい 散るときほんの少し透きとおるいろいろあってこその花さかりの頃だけ愛でるのは 粋じゃない 散れよ 散れよ せめてきみの心染めて ひらひら花散る...

SHARE

Fizzle

0
■Fizzle おぞましい出来事は リアリティを薄めて ぼくに襲いかかる 彼女からの言葉が おくれて着弾した 「あの日の晩よ きっと あなたが避妊をしてなかったからデキたの」 複数の男とつきあってて どうしてそれが ぼくだとわかる? それにあの日は きみは「ピルを飲んでる」って言ってたじゃないか? 「神を冒とくする気なの?わたしにはわかるの これは神の思し召しなのよ」 ぼくが身体からぼくが抜け落ちる音がする Fizzl...

SHARE

ラプソディー

0
■ラプソディーいくどとなく 同じウィンドゥ 通り過ぎている探しものを 取り戻すためにあれからあてもなく歩くエニグマを解読したアラン・チューリング彼のように消えたあなたが失くしたハートを持ってるのおしえないで さびしさなど わかりたくもない この旋律あなたが一部書き添えても もう愛はない そんなラプソディーSiphonか  Ringtoneか誰かを呼んでるこわれものは ひとの想いなの勝手に拾わないでよかなしみさえ ...

SHARE

ありがとうは云わない

0
■ありがとうは云わないしまいわすれた風鈴の音どこからか聞こえ 空は9月いろ心当たりのない表示の電話にふと出てしまった あなたからだったあなたと私の沈黙がふとおだやかに降り積もる年月をおしえているなつかしいひとの残像が浮かびなぜかそこだけ照らされるような陽ざし胸押さえ やたら 上ばかり見ている くやしい思い出によろしくと云おうとしたとき切れた電話 青春が迷い込むそれでもありがとうは云わない夏の終わり...

SHARE

該当の記事は見つかりませんでした。