歌詞のようなブログ

MENU

別生活

0
■別生活 長いつきあいだけどべつに同居しないわあー ふたりともそれでいい関係なのよ都心に部屋を借りて自由に出入りするあー こいびとの定義とか面倒くさい 誰にも心は命令させはしない でもどっちかというとあなたは私の僕(しもべ)ね服従すべきルールがないからいいとこ取りでもいいでしょ 別生活あなたに美しいと ほめられるため生きるあー いみじくも私 してやったりなのよまだ出会ってない頃に目印咲かせておいたあー...

SHARE

ジェラシー・ポイズン

0
■ジェラシー・ポイズン記憶がふいに途切れてゆくいつから始まったのかまわるジェラシー・ポイズン冷めたしぐさでうまく捨てたかなしみさえまだあたたかいゆれるジェラシー・ポイズンおくびにも出さず他人(ひと)を呪うような自分の怖さに怖気づく今頃あなたはあの女(ひと)といいことしてるもう暴露してしまいたい このしずけさにまともでいるより 狂気をさらすの なぜあなたをひとりのものに出来ないの?私を甘やかな殺意がそ...

SHARE

最終便

0
■最終便こんな展開 誰が想像したでしょうそれぞれのタラップをのぼりながらふたりは指輪を外すのよアー 吸い込まれるサテライトはなやいだ夜景 じきにあとにするいつわらざる自分の声が唯一揺るぎないものになる素敵でかなしかった日々に終止符を打つ それぞれの 荷物を詰め込み サヨナラふたりを 連れ去る 最終便努力すれば何とかなると信じてたの理想は理想 そして現実は現実ねこころに区切りつけるアー キスしたあと ...

SHARE

最終便

0
■最終便こんな展開 誰が想像したでしょうそれぞれのタラップをのぼりながらふたりは指輪を外すのよアー 吸い込まれるサテライトはなやいだ夜景 じきにあとにするいつわらざる自分の声が唯一揺るぎないものになる素敵でかなしかった日々に終止符を打つ それぞれの 荷物を詰め込み サヨナラふたりを 連れ去る 最終便努力すれば何とかなると信じてたの理想は理想 そして現実は現実ねこころに区切りつけるアー キスしたあと ...

SHARE

パープル・ロープ

0
■パープル・ロープ僕がお前をどんなに愛しているか思い知らせてやると ベッドに押し倒された息もつかせぬ素早さで あなたはそう抵抗する私の 衣服を剥ぎ取ってゆくサテンのスカーフで わたしの手首と足首を縛りつけたパープル・ロープ 目隠ししたあとでパープル・ロープ あなたはささやいたゆるぎないほどふたりの世界を固く縛りあおうそしてすべてを脱ぎすて 許しあい 解き放つのさたじろぐわたしに もっと僕に入れと ...

SHARE

Sand and Rain

0
■Sand and Rainその女(ひと)は褐色の背中見せて涼しげなサマー・ドレスで微笑むあのひとのことならあなたよりずっと知っているわと言う紫のヒール ひるがえる影サングラスで目の表情は見えないけど声が泣いているあのひとの愛はSand and Rainいっとき降っても 雨はすぐ砂に吸われるあのひとの愛はSand and Rain夏を斜めに遮る 雲のように流れてゆくその女(ひと)のはなしに私は軽く眩暈(めまい)崩れる砂丘のまぼろしが押し...

SHARE

8月の波は交響曲

0
■8月の波は交響曲ガス欠した車乗りすてて 海まできたふたりねそべる 砂浜に立てている 空のワインボトル伸びる影をこころは追い越すよ 見はるかす青にそこだけ抜いた白いカモメ低く飛ぶ ふたり見おろすどうしてここにふたりいるのか 思いめぐらすいつかは離れて 別の人とくらすのか今は何も知らず季節がわりの残照に 目をしかめおだやかなかなしみを抱いてふたり笑い過ぎて不意に 気が抜けるよLove Is Love そばにいると...

SHARE

8月の波は交響曲

0
■8月の波は交響曲ガス欠した車乗りすてて 海まできたふたりねそべる 砂浜に立てている 空のワインボトル伸びる影をこころは追い越すよ 見はるかす青にそこだけ抜いた白いカモメ低く飛ぶ ふたり見おろすどうしてここにふたりいるのか 思いめぐらすいつかは離れて 別の人とくらすのか今は何も知らず季節がわりの残照に 目をしかめおだやかなかなしみを抱いてふたり笑い過ぎて不意に 気が抜けるよLove Is Love そばにいると...

SHARE

きつねの尻尾つかまれちゃった

0
■きつねの尻尾つかまれちゃった歩きスマホは補導の対象だよとある日いきなり私に声がかかる見慣れないなり しかもかなりなイケメン刑事みたいに私を尋問するさあここからは一緒にご同行願おうかと言われると思っていたのにそのまま消え去る 謎の男パパ―ヤ パパ―ヤ 何やつ 何やつこしゃくな こしゃくな あいつはピンクのたそがれをミント・グリーンに染め変える表面(おもてづら)だけいい私の素行不良をあいつににぎられた...

SHARE

人生たずねびと

0
■人生たずねびと無傷な恋などあるものかかなしみのないしあわせも自分を肴に飲む酒はまわりがはやくて酔えやしない正しすぎてもつまらないし間違えすぎちゃいけないし男は下手な歌をがなり酒場をふらりとあとにする我が我がと しゃしゃり出ないで何においても 無茶はせずひとの心の痛みを聴けるきみはたずねびと いつか逢いたいね愛想はないが さわやかにこだわりもなく いつわりなく周りのひとを知らず知らず笑顔にさせる ...

SHARE

該当の記事は見つかりませんでした。