FC2ブログ

歌詞のようなブログ

MENU

まだ悟らず

0
■まだ悟らずそのかなしみさえ一生つづくことはないこのよろこびさえほんのつかの間と知っている今出来なくてもいつか出来るかも知れないこころを始めて初めて始まるものがある目覚めてゆけ まだあるものに出逢いにゆけ 会いたい場所に今はまだわからないと言おう何もまだ悟らず 無我夢中で行け手の届くものより届かぬものに思い馳せる暗中模索の日々に楽しさみつける寒さつかむがいい震えるさびしさを抱け自分を打ち立てるする...

SHARE

桜雀

0
■桜雀切りたての髪が瞳に痛い目覚めの羽ばたきあなたとその砂時計をさかさまにして時は満ちる 雲間翔ければ熱病のように 想いが滴るよさわらずに 見つめててね新しいルージュからはじまる朝あなたを誘う パウダー・スノウへパンツの裾から 幾重にもかさなる風に乗り こころは行く恋のためにつく嘘は 許される いちばん綺麗な世界に行こう朝焼けを背にエッヂ磨いた板で すぐに...

SHARE

忘れたひと

0
■忘れたひとほほえみのなかに真実をやさしさのなかにぬくもりを忘れたひとがいるくちびるのうえに 本心を愛する相手に まごころを忘れたひとがいるあなたの代わりに わたしが悲しみましょう悲しみはわるいことじゃない悲しみは不機嫌なことだけじゃない正直であろうとするほど騙す人に思われるだろうこの世はペテンだから持てば持つほどとらわれてくうそほど現実は作られる忘れられてるからあなたの代わりに わたしが思い出し...

SHARE

幸運なことに

0
■幸運なことに泣いているけど これは涙じゃないのよあたしが言うんだからそういうこと腫れたまぶたで 陽気そうにしてるけどだってそうせざるを得ないじゃないの幸運なことに 倖せ過ぎないように今がある幸運なことに 願いごと取っておける今があるあいつにはこころなんてないあたしにはこころがありすぎるバカだね バカだね 飲みすぎてこのザマさシャックリがとまらない こんなときあいつと別れてせいせいしてるはずなのに...

SHARE

夜に捨てられて

0
■夜に捨てられて捨てられちゃったんだよ 夜があいつをつれて愛は行っちまったよくちびるにふれもせず騙されちゃったんだよあたし泣かせるなんてやけに浮かんでるのさしゃれてる町の灯りここはパリ ここはロンドンここはマンハッタン ここはハバナ綺麗な服で あたしは花であいつとグラス傾けてたのに飽きられちゃったんだよ夜があいつを変えてよそに行っちまったよ愛はもう二度と愛さない何なのよ 意味わかんないふたり何して...

SHARE

Behind Clouds

0
■Behind Clouds死ねっていう言葉しか思いつかない雨が横殴りに過ぎてゆく町じゃまにならない存在になろうとして努力するきみを 僕は軽べつしてた好きなひと以外嫌われたってぼくは平気だったし潔癖症みたいに愛されようとするきみの作為を ぼくはこころの中で殺してた幸い接点はあまりなかったけどきみにあのバンドのネック・コルセットあげたかった生きてるってやましいぜ生きてるってきたないぜ生きてるってやらしいぜ生きてる...

SHARE

そしてここにはもう誰もいない

0
■そしてここにはもう誰もいないさりげないふたりの笑顔わけもなく思い出すのよ雲が立つ フルートグラスシャンパンもからになったわ時が終わったわけじゃないふたりが時を降りただけよかなしみなどひきとめないこの部屋もひき払いましょうそう 愛を失くした以上そしてここには誰もいない暮れどきのテーマ・パークのさびしさにどこか似ているやさしさもしぼんだユリのように胸にしみるだけよ時が終わったわけじゃないふたりが時を...

SHARE

二度とないForeverをPlease

0
■二度とないForeverをPleaseすきってあまり言ってくれなくてもいい態度で示してくれたらそれでいいベタベタさわってもたれかかるのもいや思いがけずにキスしてくれたらいい*前髪がキマらないそれだけでわたしの中のクラクションが鳴る一回だけ 言うね愛のかたまりをぶっつけてわたしの原型をこわしてよ嫌なの このままじゃ ダメなのもっとあなたの誇りになりたいあなたをうしろで支える味方でありたいForeverって 二度とない...

SHARE

カフェにて

0
■カフェにて色という色を あるだけひろげて学生たちはこの店にあふれ語りつづけたものよ青春もようを 数かず知っていた音楽がいろどる店でみんな夢を見ていたものよそれが今ではすっかりさびれて贔屓(ひいき)の老人がポツンと座ってる切り盛りしてたマスターも二年前やまいに倒れ 田舎に戻ったという来るたびに男が違うと 当時嫌みを云われたわたしはテーブルにつくすっかり板についた ひとり姿で 変われば変わるものね次...

SHARE

僕は語る、きみが知らない 素敵なきみについて、いくらでも

0
■僕は語る、きみが知らない 素敵なきみについて、いくらでも作詞 Diane Warren作曲 Diane Warren日本語意訳詞 夏井くわみ 自分のほんとの美しさにまだきみは気づいていないきみは知らないの きみの素晴らしさいくらでも僕が語るよきみはそう他の誰とも違うんだよ変えようとしなくてもいいそのままでいい そう 信じてみてクールじゃないとか イケていないとか見くらべては落ちこんでるきみはそう きみという 人間においては...

SHARE

該当の記事は見つかりませんでした。