歌詞のようなブログ

MENU

お知らせ

0
本日(1月30日から約三か月の予定で入院します。また三か月後にここに帰ってこれるよう治療に専念してきます。...

SHARE

木曽路恋情

0
■木曽路恋情木曽路はすっかり闇だった トンネルこえてもトンネルで宿に着けば あなたはわたしを濡らした雨を拭ってくれるやにわにあなたに 抱くすくめられガラス打つ雨音 そのようにわたしはふるえる  もっとおはいんなさいな あなたわたしたちは とおい鏡抱くもう何も言うことがない新色のルージュ つよく奪ってすべてがもうどこか よそごとで 絡みつき 抱きよせてふたりきわまって あの山の声聞く ああ うかんでゆく...

SHARE

Next. Goes On

0
■Next. Goes On ああは なりたくないってひとがいるね他人を踏みつけ自分を死守してるBUTAにエサはやるな 忠告しておくあいつらは僕らの視界の外にいる醜悪にさえ見えるこの街にも心優しいひともいるし汚れていない場所がまだあるよ*Open Your Eyes とざさないで明るい声のするほうへ 行ってみない?Open Your Door きみもおいで瞳に飛び込んでくるものは孤独だけじゃないかかとの擦り切れたスニーカーで 一緒に歩こう また...

SHARE

タメールの柩(ひつぎ)

0
■タメールの柩(ひつぎ)タメールの柩には赤い薔薇の冠それしか入れられていないなきがらもないのに死んだのだとされているのが妙に謎めいている亡き王のあと 愛人の身ながら女帝として長きに渡り 名をはせていたが腹心に裏切られたか 謀(はか)られたのか政(まつりごと)は 光と影が絶えず交錯する禁じられた恋におちたのか真相はさだかではないけれど牢(ろう)に入れられたという噂タメールには想いを寄せた男性(ひと)...

SHARE

砂の男

0
■砂の男チャ・チャ・チャ白スーツでちょっとめかしこんだ 俺のエナメル靴がめりこむ お前のしろい肌 崩れ落ちて  何も見えない そこから砂漠手のひらお前の髪 さらさら逃げる  まぶしすぎる世界で 眉をひそめている 二人は一枚の絵を愛でるように 愛し合ったり 転げあったり 踊りあったりWe Have No Sense To Say Good-Bye ふとしたはずみでお前と 二人絵の中に入っていった チャ・チャ・チャあれから白い夜 鴎の城 見知ら...

SHARE

葉山マイ・ロスト・ラブ

0
■葉山マイ・ロスト・ラブひくく声を おとし あなたに言うわ通り雨で済めばよかったの?私たちさり気なくわたしの肩におかれたあなたの手をわたしはそっとほどく涙がでる いくどとなく ひき裂かれてく最後の誓いきりがないほど 信じてもうたがうことに 目覚めるだけ愛がふたりを隔ててゆく熱いティーカップ ゆれるけど マイ・ロスト・ラブ稲光りが切り取った影ふたつかなしみの戦慄におびえてた部屋で使い切ったカード散ら...

SHARE

それでも日は昇る

0
■それでも日は昇る あなたはひとを愛したあとの 身の置きどころのないむなしさに泣いているあなたはもうすべて何もかも終わったとちぎられた胸のなかうらぎりを思ってるアテが外れただけ 期待しすぎただけあなたは求めすぎただけ 消せない傷なら 覚えていればいいいつかいとおしくなるそれでも日は昇る 誰にでも日は昇る 涙と笑顔は くり返す 探してごらんよ今は沈む日にかなしみうかべていい それでも日は昇る 日は昇るあ...

SHARE

みんな茜のそらのしたのこと

0
■みんな茜のそらのしたのこと「一日花のように咲き切ろうね」それとはなしに 話してたあなたの声や あなたのしぐさ忘れてた あの日のかけらたち何も知らないでいられたらあなたのこともくちをつぐんだりしなくても済むのに生きることはやさしくはないそれでも生きることはあたたかいみんな茜のそらのしたのことみんな茜のそらのしたのことそっと聞こえてきてる 風鈴の音もうしまわなきゃいけないね終わりはいつも 次のはじま...

SHARE

紐育(ニューヨーク)人にはなれなかったよ

0
■紐育(ニューヨーク)人にはなれなかったよ長距離バスをタバコ手に待つのさくたびれているスーツが風にめくれWindy Cityにでも行くつもりだよ待たせるひともいないこの身ひとつでこの街はひとは拒みはしないよその代わりにひとを暖めもしないよ勝った負けたとひとは言うけれど そのどちらでもないとこに価値をみたいUpper East Side 安定なんか不安なんだよUpper East Side 彼女は ひろすぎるベッドだった今思えばみんな 漫画...

SHARE

夢日(あすな)の時計

0
■夢日(あすな)の時計下校時の蝉しぐれがひときわ大きくて僕は聞き取れないような声でよくまわらない口とわけのわからない理由で夢日(あすな)を一方的に振ったスパイクがはちきれるほど投げ込んだ 夕陽一日花のはかなさをふとうかべた嫌な汗をかく 未練さ いつかプレゼントされた夢日(あすな)の時計が今も僕を動かしてるはずした時計が僕を刻んでいるよ 夢日の代わりに 徹底的に潰した奴の名を卑しむよ男の嫉妬っていう...

SHARE

該当の記事は見つかりませんでした。