FC2ブログ

歌詞のようなブログ

MENU

現実はふたつある

0
■現実はふたつある死んだように 動けずに横たわる この気持ちジグザグな 恋に打たれ私は胸をやぶられたブルー Oh マイ・ブルー見失う 心 恋の迷路はどこまで 続くのあなたのうでのなかで彼女はガーベラのようだった 今ここにいるわたしはわたしじゃない現実はふたつある 解釈次第わたしはこの現実を世界につき返して信じている現実を抱きしめたいわわたしよりも くだけてるあのしぐさ あのふたり理由とか 根拠とかな...

SHARE

土に打ち伏して

0
■土に打ち伏して古き城あとにひとり立てばとおき いくさの音が聞える知る人もおらず 終(つい)には風の音が浸すばかりなり 握りし かわいた土がこぼれおちるを 我はひとと云うてゐる好きと百書いて自分に送信すあなたに百愛されたいものを百失う それが怖くて土に打ち伏して 土に打ち伏して 泣いてゐる古き人々も恋に泣いて胸を打ち震わせたのだろう銀の草のうらの滴(しずく)そこだけがポツリ照らされているああ無常 ...

SHARE

野次会

0
■野次会 野次とくれば野球と国会が浮かぶけれど 僕らは大人面下げた愉快なヤジ仲間 みんな 年一に 会えりゃいいほうで お互いの 健闘たたえヤジり倒し今年を締めくくる おいおい冗談きついよ メールをみたら  今年の幹事がまた僕になってる 野次は野次でも汚い言葉は吐かないぞ 野次は野次でも相手をねぎらい野次るんだ だけどキツイ野次ほど強い愛情がしみる 温かい気持ちが混ざってる 野次がわかるようにならなきゃ ひとを...

SHARE

アッアー

0
■アッアーたとえばこうして手をつなぐだけでもハートがジュンととろけるように世界じゅう敵にしてもつながりたい気持ちがあるよ沈黙していても 会話するような二人にしか伝わらない暗号を持ちたい思いがけずに アッアー嬉しい出来事に アッアーぶつかって 座り込む アッアー思わずこぼれる アッアーかわそうよ 熱い アッアー世界を埋め尽くそうよ モア アッアー合言葉 あなたと アッアー出逢いはおととし新興住宅地塾...

SHARE

置いてゆくひと

0
■置いてゆくひと12月の雨 ビー玉の光朽葉の匂いがする歩道橋から 工場跡地をあなたと振り向いているまた会えるよと 言うそのよこがおの向こうから遠く副都心が ながれて見える涙がとまらない さよならがやさしいこんな想いに気づかせてくれてあなたはゆく あたたかい手紙をこの胸にそっと 置いてゆくひとあなたに出会う 前のひとりにはもう戻れなくていいたくさんのありがとう言いたいあなたのぬくもりがある自販機に照ら...

SHARE

愛あればこそ

0
■愛あればこそ愛あればこそ 非情になれる愛あればこそ 背中を向ける愛あればこそ 愛とは言わず愛あればこそ わかれを告げるもう忘れたよ もうこころなど変わっちまった 違(たが)えちまったとはりつめている よこだおだけでなんにも言わず さよならしようおまえは泣いているおまえはうらんでる窓辺から ふいに 夕日が倒れこむ知れ こんな男を 見知れ これも愛だとおまえが最後に自由をえらべるように愛あればこそ ...

SHARE

ロング・ロング・グッドバイ

0
■ロング・ロング・グッドバイあなたがやさしいから傷つくわこの最後まで愛してしまうから愛してるからこそ裏切ってみせたあなたはなぜ冷静に受け止めたのあなたにもらった摸造ダイヤが本物以上にキラキラかがやく心なんてうそつきよつまらない女ねわたし どんなに想っても 変わってしまったふたりがいるそれすらもう変えられないのよ こんなに今が遠い ロング・ロング・グッドバイあなたに涙を見せたくないわ綺麗にしてきた化...

SHARE

新雪

0
■新雪ささやかな祝言を挙げるように離れてゆきますふたりそっとゼロにはならない まっさらな気持ちちいさな約束に なびく普通にわすれて 泣きもしないそんなの嘘 それでも嘘ふしあわせもしあわせのうちなのかしら 愛してると ふと手をさするように それはふたりの別れの言葉悲しみも喜びも降れば 幾年月もしろい新雪ふたりの足あともない あどけなくささやく雪 おだやかなまなざしのままでいるのは終わらない愛があるか...

SHARE

恋するラジオ

0
■恋するラジオ折り返す波音 チェアに寝そべるパパダイキリ飲みながら 私の居場所すら あなたは知らないの 行方知れずの恋 心配させたくて恋するラジオ 私を連想させる曲や話題が朝から晩までなぜかあなたへと流れる光る修正テープで伏字にして 暗号化した最後の手紙があなたの胸を取り囲む私は発信装置持ってるの マンネリは嫌い正体不明なままでいいでしょ 私はMysticかすれゆく島影 旋回してゆくチャーターしたプロペラ...

SHARE

WAHAHA

0
■WAHAHA少しずつきみが寡黙になってゆく 持ってるフラッぺさえ ほら溶け出してる眩しい夏が雄弁すぎるせいかこの手きみはふとすり抜けてつれない態度大本命になれるチャンスのしるしかそれとも僕がフラれる前ぶれなのかまったく意思疎通がうまくいかないWAHAHA それでも照れながら大笑いしてるふたり決まってそのあとで思い切りシーンとするWAHAHA すごい晴れてる青空がにわかにかき曇り思いがけず通り雨が降り出すようにこの...

SHARE

該当の記事は見つかりませんでした。