歌詞のようなブログ

MENU

時として凛(りん)

0
■時として凛(りん)枝折戸(しおりど)を抜けて あおぐ朝焼けにあなたのことを 胸におもうのつきあっているとまだ言えるようなふたりじゃないと わかってるけど駅前のベーカリーの匂いが鼻をくすぐるあなたに会えない運命は 運命じゃなかったの時として凛(りん) 時として凛あなたの胸で 凛と わたし輝きたいのあなたを想える それだけでわたしとくべつなのよ 感謝してるのテレビでながれてる出がけのうらないはもう信...

SHARE

夏だったんだよ

0
■夏だったんだよ立ちどまる夏のわるふざけにいっそ君に想いを告げようかだれもかれも急ぎ足でゆくから儚んでしまうよ 君もやがて行く薄れゆく夏の感光紙にそっと君をぬすんでしまおうかただの夏の出来事にしていいよふたりを知るひとも やがていなくなる涼しげなすげなさを見せてよ素性なんて語りはしないけどつれなさゆえおちるさだめもあるよでも僕は過ぎない 君が過ぎたあとも堰(せ)きとめる夏の思いつきに淡く君はまなざ...

SHARE

さよならだけがひきとめている

0
■さよならだけがひきとめているあてどない想いにさすらう私たちをいつからかさよならだけがひきとめている唯一の絆のように 振り向く胸を知らぬ間にさよならだけが繋ぎとめてるそれでも最後は抱きあうしかないすべがない気がつけば吹雪にふたり閉ざされてゆくもう会わないと言うほどもっと会いたいええ、 私は何んにものぞみませんとも鏡ならあなたを映したまま割れて砕け散りたい氷柱(こおり)ならあなたをつき刺したままで溶...

SHARE

THE GATE OF THE HEAVEN

0
■THE GATE OF THE HEAVEN ブガッティ乗り回しては切符切られてるあいつの首からぶら下げられてるカロートペンダントにはついこないだまで彼女のひざの上に乗っかっていた トイプーの遺骨(ほね)が入ってる散歩中の事故死だという最も悲惨な出来事は日常的に起きてしまう心が瀕死する寸前のことは当たり前にある地獄の沙汰を地で行く覚悟で Hush Hush天国に神などいない どこにも天国などないTHE GATE OF THE HEAVEN監視カメラに転...

SHARE

Fanatic

0
■Fanaticナツメヤシの 葉が騒いでる陥落都市にいるようだわ互いのうでの中におちる罪名なら限りなくある他言無用よ ふざけないでマジメな話をしているのこのやわらかな弛緩は何肌の下がじんとするのよ理解しないで 美しければいい射止められた 高貴な獲物We're Born In Hell 憂鬱を吊るせ ふたりは悪魔天国に用はない はやくGateをあけて  Fanatic拝殿で愛しあうようにもうすべてがふたりのすべて無垢な矢を放ち身を焦がす矛...

SHARE

Beautiful Death

0
■Beautiful Death氷のベッドで泣いていたあの女はもうわたしじゃない 胸砕く噂の数だけ わたしは自力で強くなった貴腐した葡萄もワインになる少しずつ死に絶えていってくれたものに今は感謝してる それは怖れよ終わり方が大事ね 品位を保つの  気づいたのよ もうわたしあなたとは 対等よBeautiful Death憎んでた 愛してさえいたがれきの町にいる気がしてたあなたにすれば所詮、兵士もわたしもただの駒だったから自分のひ...

SHARE

ココナッツ・ツイスト

0
■ココナッツ・ツイストだってお仕事でしょ 僕の体ボディー・タッチされてく ただの雄荷物のようにほら 転がされて指紋にまみれてゆく 愛玩用男が男を相手する店で僕は高(たか)を括(くく)っていたすべてはマネー仮の住所 仮の名前 仮の年齢僕にはいくつものチャックついていてそいつで鎖(とざ)してた性=生 ボディー・ビジネス きみは自分を売りますか演技してる自分の声がばかみたいに わらえるよきみにこんなこと...

SHARE

Jasmine

0
■Jasmine涙のビーズスカートの裾に縫いつけてるような娘だったよ失恋した日ガトーショコラの包みだいて坂道横切った矯正してる前歯でぎこちなくその日も小首かしげるしぐさぼくに微笑んでおじぎしたけど内心きっと泣いてたんだねきみの憧れは永遠の幸せか永遠はいつもつかの間なのに舗道におちた きみの手帖だけがめくれてく Jasmine Jasmine 何を求め何を信じたの問いかけてもただ風が吹くだけ ぼくは造船所に勤めているでも...

SHARE

レイン・ダンス・グルーミー

0
■レイン・ダンス・グルーミーもとのもくあみだね その気も失せてくひろげたその脚に 顔うずめてみてもうぬぼれてるうちに 君も歳とった何を話していた? さっきまでの剣幕※悪態つきあってた頃さえひどくなつかしい   レイン・ダンス・グルーミー ふたりが今見てるのはグラスに沈むシャンデリアレイン・ダンス・グルーミー 雨粒はその重さでおちてゆく 君がいても No No No 僕には雨が降る※電柱が遮る 街を見下ろして...

SHARE

夕凪

0
■夕凪何気ないゆうぐれが降りる街で偶然にあなたに会えたらいいんですさりげない会話をかさねられたらそれだけで満たされる僕がいるんですもしも出来るものならばあなたに夕凪のようなものを感じることを許してくれますか海は語る 長くさすらうあてない日々を海は語る どこにも帰り着かないものをひととき時間が止まる そんな夕凪にあなたをかさねてはいけませんか思い出のなかのそのひとは今もあなたのなかで僕よりやさしいで...

SHARE

該当の記事は見つかりませんでした。