歌詞のようなブログ

MENU

人間嫌い

0
■人間嫌い里親募集の張り紙をコンビニで見てうちで引き取ることにした前の飼い主から虐待受けてたらしくわたしにもなつかなかった猫にもわたしにもつらいことあってやさしさにさえ 爪を立てた怖いからよあなたと知り合ったとき わたし人間嫌い寄り添う猫もあなたをモノのように見てたこの世はまぼろしか? だったら今生きてることもうすでに記憶なのか?とあなたがそんな話する頃猫がじゃれつき毛づくろいするようになったおと...

SHARE

おさかなLand

0
■おさかなLand こまったときのタラコ唇 また騙されてるあなたに何だかいいようにまるめこまれて ついにあなたの実家(いえ)にお邪魔するはこびになった緊張してるあたしにあなたが指図する いつもの調子で話すんだよ いい子ぶるなよ それからフン!と鼻でわらうのはやめなよもう降参!それ以上ダメ出ししないでガラスの向こうの おさかなたちの気持ちがわかる 水槽の向こうで 顔くっつけて あなたの家族に あたし一時間も見...

SHARE

フキノトウの詩(うた)

0
■フキノトウの詩(うた)まさか僕に食べられると思って 生えてきたわけではないだろうが春のしらせのような フキノトウを僕は美味しくいただくのです蕾ならではの苦味が 若い頃は苦手だったけどいい歳の大人になれば それがいいとわかる好物も思考も思想も変わる 変わらなきゃ人間じゃない便利は不便 自由は不自由 不満足を有難いと思う そんなこころを拾えたら青いフキノトウも天ぷらにされて よろこんでる気がするよフ...

SHARE

B♭

0
■B♭いつも残って練習してるけど 全然上手にならなくてシュンとしてるクラリネット この不安定な音これも自分なんだと思えたらいいのにケンカのあとのムズムズした感じあなたと仲直りのきっかけを探すたった四文字のさよなら くりかえしまた四文字の好きだよに戻ってるあー涙が出る あなたとの赤い糸ガチでわたしとつながってたらうれしい文化祭のときまでには仕上げなきゃホープタウンの休日のソロのパート吹くのよ同じ吹奏楽...

SHARE

遍歴

0
■遍歴ちがうの あなたが好きだからちがうの 本気になるまえにちがうの あなたはわたしのことちがうの 好きならあきらめてからだをねじこむ あなたのうで朝が来たわ ファスナーを上げてよわるいおんなとみんなは噂するけど恋の亡霊を ばらのように抱いてる 嘘しかつけない わたしの遍歴行ってよ あなたは前をみて行ってよ わたしとわかれるの 行ってよ それしかもうないの行ってよ ふたりのためなのよ香水瓶の数 ひ...

SHARE

赤と青

0
■赤と青波の両手で Oh Atlantic 抱かれてゆくのさ俺のこころを あやすような 大きなその愛時をとめたまま漂う世界は 俺とおまえのために在るというような このしあわせ赤と青が つかの間に 出会う地平線Sun Rise &Sun Set  永遠に 海に恋をする時をこえて今こころから愛する みじかいキスのために生まれてきたよな しあわせ熱い渇きに 満たされて 俺は終えたい死ぬことはそう 生まれること 波を聞きながらシャンパ...

SHARE

Ant Song

0
■Ant Song B級でいい 亜流のどこが悪い ステレオタイプで 見分けもつかず 列を作り 変わり映えもしない そんな生活(くらし)にドラマを見よう 出口はまた次の入り口カラフルに色を失くすな 絶望も星になれる 目下の夢は 巨人級のバカになること優等生をかっ飛ばしたい 蟻はありのままでいい 蟻はありのままでいい賢く生きたら脱落してしまう 迷いはチャンスさ  Ant Song ありふれていて 平凡な日々がいいあいにく凡才 ...

SHARE

Shadow Talk

0
■Shadow Talk銃声より 速く セキュリティーを巻いて手を取り 抜けだそう液晶のフレームを 蹴破って Kissしようたましいは Virgin lily 綺麗な羽根をピンで止められたままきみはPorn StarのようにうなだれているToo Late To Say I Love You 手錠のような時計に つながれたままじゃ生きることに遅れてしまう生まれる前から知っていた僕らはやっと会えた 黙って影だけで話そう Shadow Talk生き物のように 闇は息づいてい...

SHARE

生きることに涙する

0
■生きることに涙する過ちのなかであたしは生まれ貧しさのなかであたしは育ち嘲(あざけ)りのなかであたしは稼ぎ最期の客ともあたしはわかれよくできた作り話さ あたぼうよなのにあんたなんで泣いてるのさ?あたし以外の誰が自分を守ってくれるというのよしとくれよ 愛なんてカンタンすぎて言えやしない鉄条網があたしを囲むの男からも すぐあたしは逃げて撤収(てっしゅう)の町であたしは住まい最愛の姉ももう亡くなった夜明...

SHARE

Funeral

0
■Funeralゆらめくろうそくは もう擦り切れピアノはふと奏でるのをやめる私はまだ生きているあなたは数えながら すこしずつわたしを過去に 置き去りにしてゆくああ なんてむごい仕打ちそして愛の記憶に封じこめて私に鍵をかけるつもり?そう まだわかってしまいたくないのこの空虚で耐えられない不在を 調和をやがて燃えさかる火に偽りの絵を投げこんで ねえ今すぐにさよならだけがそう引き止めている不穏な雲が存在をかきた...

SHARE

該当の記事は見つかりませんでした。