FC2ブログ

歌詞のようなブログ

MENU

花束

0
■花束シャワーで洗い流してしまいたいそれでも涙がやけに冴えてゆく そんな日がある そんな日もあるあのひとには 伝えなかった 知らせないことも わたしの気持ちだったバラのようにキレイな彼女には わたしなんて到底及ばないもの散ることもある そんな想いを花束にして かなしみよりもやさしいものがない失望よりも親しいものがないそんな日がある そんな日もある精一杯 出来るかぎりに笑顔浮かべてる あのひとのすぐ...

SHARE

夕霧

0
■夕霧まっしろきつばさは鷺娘のゆびさきになるちぎれる涙のつぶてに恋しさが極まる あなたに抱いているのは独りよがりな この恋しさ涙なら 淡い夕顔に 吸わせてしまいましょう せつなさに悶える こんな不幸なら倖せあなたのほうへと 行くけれど 届かない舞いましょう 舞いましょう 羽根をまた失くしても恋に泣けるならいい こんな夕まぐれそれらしいものを私にも与えてほしいすがるような気持ちだけが 本当になるから...

SHARE

マドゥ(あなたへ)

0
■マドゥ(あなたへ)「ぶっ殺してやる」ホテルのロビーに私の声だけが響きわたってゆくけれど電話をかけている振りをしてるだけひとり芝居だとは誰ひとり知る筈もないもしや今度こそは 本物かもって走る気持ち押さえ あなたと会ったけど喧嘩の相手さえ いなかったわたしそもそもあなたには 似合いもしなかったおんなもうさよならしかない場所へわたしを置いてゆくのならせめてさよならって言わないでマドゥ マドゥ あなたを...

SHARE

人間嫌い

0
■人間嫌い里親募集の張り紙をコンビニで見てうちで引き取ることにした前の飼い主から虐待受けてたらしくわたしにもなつかなかった猫にもわたしにもつらいことあってやさしさにさえ 爪を立てた怖いからよあなたと知り合ったとき わたし人間嫌い寄り添う猫もあなたをモノのように見てたこの世はまぼろしか? だったら今生きてることもうすでに記憶なのか?とあなたがそんな話する頃猫がじゃれつき毛づくろいするようになったおと...

SHARE

おさかなLand

0
■おさかなLand こまったときのタラコ唇 また騙されてるあなたに何だかいいようにまるめこまれて ついにあなたの実家(いえ)にお邪魔するはこびになった緊張してるあたしにあなたが指図する いつもの調子で話すんだよ いい子ぶるなよ それからフン!と鼻でわらうのはやめなよもう降参!それ以上ダメ出ししないでガラスの向こうの おさかなたちの気持ちがわかる 水槽の向こうで 顔くっつけて あなたの家族に あたし一時間も見...

SHARE

フキノトウの詩(うた)

0
■フキノトウの詩(うた)まさか僕にたべられると思って 生えてきたわけではないだろうが春のしらせのような フキノトウを僕は美味しくいただくのですその苦味が 今はいいとわかる便利は不便 自由は不自由 不満足はありがたい そんなこころを拾えたら青いフキノトウも天ぷらにされて よろこんでる気がするよフキノトウはフキノトウらしい姿雪のしたでこっそり見つけたらしあわせのまえぶれに会えたようなフキノトウはいい面...

SHARE

B♭

0
■B♭いつも残って練習してるけど 全然上手にならなくてシュンとしてるクラリネット この不安定な音これも自分なんだと思えたらいいのにケンカのあとのムズムズした感じあなたと仲直りのきっかけを探すたった四文字のさよなら くりかえしまた四文字の好きだよに戻ってるあー涙が出る あなたとの赤い糸ガチでわたしとつながってたらうれしい文化祭のときまでには仕上げなきゃホープタウンの休日のソロのパート吹くのよ同じ吹奏楽...

SHARE

遍歴

0
■遍歴しないで くちづけしないでしないで やさしくしないでしないで このまま帰ってわたしに立ち入らないで男のなみだを 香水瓶にしてわたしはすべて手に入れたのよあなたは知らない 知らせたくない捨てて来た わたしの遍歴行ってよ あなたは前みて行ってよ わたしとわかれて 行ってよ それしかもうないふたりは賢くなるの男の寝首を 掻くようなうらぎりこの手にあなたかけられないわあなたを本気で 愛してるから別れ...

SHARE

Shadow Talk

0
■Shadow Talk銃声より 速く セキュリティーを巻いて手を取り 抜けだそう液晶のフレームを 蹴破って Kissしようたましいは Virgin lily 綺麗な羽根をピンで止められたままきみはPorn StarのようにうなだれているToo Late To Say I Love You 手錠のような時計に つながれたままじゃ生きることに遅れてしまう生まれる前から知っていた僕らはやっと会えた 黙って影だけで話そう Shadow Talk生き物のように 闇は息づいてい...

SHARE

生きることに涙する

0
■生きることに涙する過ちのなかであたしは生まれ貧しさのなかであたしは育ち嘲(あざけ)りのなかであたしは稼ぎ最期の客ともあたしはわかれよくできた作り話さ あたぼうよなのにあんたなんで泣いてるのさ?あたし以外の誰が自分を守ってくれるというのよしとくれよ 愛なんてカンタンすぎて言えやしない鉄条網があたしを囲むの男からも すぐあたしは逃げて撤収(てっしゅう)の町であたしは住まい最愛の姉ももう亡くなった夜明...

SHARE

該当の記事は見つかりませんでした。