歌詞のようなブログ

MENU

暗室

0
■暗室 人生の暗室には酸っぱいものがイッパイぶら下がっているまだ現像はしてないフィルムにはガチでヤバい秘密もあるその後 なしのつぶてさ排泄するように 抱きあってたらきみとの音楽が鳴りやんだみたい早口言葉の応酬のあとまるでついでのようにした さよなら球根から根が伸びる毒もあるのさ喉元えぐる想いたちひとは自分の暗部や恥部には そう蓋(ふた)をしているからグロイこのかたちに何を当てはめるかで そうすべては...

SHARE

砂いろのAugust

0
■砂いろのAugustくちづけのほろにがさ おしえるあなたはひどいひと逆光に煤(すす)ける町 すべてが甘い嘆きのなかそうね あなたを愛してたかも知れないでも今はわからないと言うしかないくるしいわ ひとくちのジンが胸に拡(ひろ)がってゆくようにあなたが二番目の男だったらずっとしあわせに暮らしていられたのに恋は叶えば終わるものね 砂いろのAugust 半分の哀しみを 与えてせめてあなたの分も背中で弾いた鍵盤 あな...

SHARE

言わぬがわかれ

0
■言わぬがわかれお酒は手酌で飲めりゃいい古傷にそっとしみりゃいいあてないこころのままでいい霧笛がぼんやり灯りゃいいおとこは愛想ないのがいい好かれようなんてしなくていいあいづちなんかはなくていいわからぬはなしと言えばいいどなたかいっしょに逃げておくれでないかいごもっともですとも わかっていますとも言わぬがわかれと いうもんさ 髪の芯までああ しんとはりつめた 波から波の 荒波ばかり 店にはかざりはな...

SHARE

マイ・ディア

0
■マイ・ディア  ねむる前 今日一日のこと ほんの少しだけ ふりかえる  淡いランプ・シェードゆれて 僕はきみのこと想う 愛することに馴れていく ほんとにわたしを愛してる? なぜそんなことを聞くの? 電話の声がせつないよ マイ・ディア おだやかに今日も行く 僕のかなしみと喜びよ おやすみ マイ・ディア いくたびもくりかえし きみの胸のどこかに 僕がいればいい おはようとおやすみを一緒に 言いたいからといつかきみはふ...

SHARE

Miraculum

0
■Miraculum雲の階段を ラインダンスたち帽子とステッキを手におんなたちがチップをはずむたびおとこたち陽気に服を脱いでゆく自動鍵盤が奏でるアラビア模様の夜 きみをさっきから見ている あのコートの男は 男娼たちのパトロネージュMiraculum 人生は愉しい悲劇さインクで刷られた 札びらが舞うよこんなものに騙されて悲喜交々 踏み外す人生溶けぬ根雪きみは抱く死は平等にしあわせは不平等に訪れるきみのくるぶしを浸すは...

SHARE

あの悲しみはよかった

0
■あの悲しみはよかったひぐらしが人恋しさ呼ぶようにせわしくなく鳴いていた きみと川べりを自転車を押して一緒に帰ったあの日進路指導のたびに無口になる僕たちをつつんでる斜めの夕日がやけにまぶしくてなんだかあたまに来てた卒業したら離ればなれだねチェーンのまわる音だけしてふと顔をあげて彼女は言ったあの悲しみはよかった いつかきっとそう思えるよ微笑むぐらいに悲しい気持ち後にも先にも二度とない全身で恋してたか...

SHARE

I Touch My Own

0
■I Touch My Ownファスナーを下げるとそこには歓喜の匂い肌にひそんでいた嵐に僕は巻きこまれた彼女の喉もとには幾つも光が浮かんで素敵な思いつきで僕を官能のドアに運ぶふと彼女は囁くこれから私がすることを見ててI Touch My Own あなたのこと考えてこの指は動いているのよ I Touch My Own あなたと深呼吸して愛する分身と化す 私を感じて背骨のかたちに汗のネックレスも巻きつくゆがんだ愛情で彼女に僕は嫉妬してる美しさが...

SHARE

菩薩

0
■菩薩もちろん悟りもひらいちゃいない信心なんかも持ってはいない功徳のひとつも積んではいないだけどその瞳(め)に雷鳴(ひかり)が轟(とどろ)く誰にお仕えしても 何に姿変えようとも 私 菩薩よりあなたを慕う女です お前はそう言うけれどPlease Stay 俺の身体を踏み台に使ってくれPlease Stay おまえのなかの神を暴れさせろさめやらぬ思い 荒ぶる黒髪がつたえる ああ菩薩気づかぬ罪なら数えきれない痛みでおぼえた 世...

SHARE

パスワード

0
■パスワード走るベイ・エリア 雲の切れ間に一番星 風が指さしてたあなたと私が ただの他人にもどったあの日 なすすべもなくバイク停め メット返した時にきつく抱きしめてくれたねずっと好きでいるわと 見栄切ったけどあなたは二度と会えない場所へわたしのパスワード 今もそこであなたはずっと生きつづけているあなたの誕生日 失くせないのただの数字の 組み合わせなのにキャブレター 翻し ざらつく雨に消えるあなたの...

SHARE

赤い夜のドラスティック

0
■赤い夜のドラスティック 保留メロディーのあと 突然トーンが変わって 同時通話  彼女の思惑はわからない もう一人の男をぼくは知らない 気まずさのあと 定型の挨拶 そこから無言劇 妬(や)かせるつもりさ さっきから馬鹿に上機嫌の彼女 笑いころげてばかりさ Angelic Night 探す言葉と気持ちが逃げる 困る男ふたり 彼女が主導権を握る 赤い夜のドラスティック 彼女のなかにおいて 僕が抱える問題と もう一人の 男が抱えるトラ...

SHARE

該当の記事は見つかりませんでした。