FC2ブログ

歌詞のようなブログ

MENU

じゅもん

0
■じゅもん ほら案の定 いつも通りにあなたは無反応 こうして髪をボブにしても 服の路線を変えても ネイルや口紅まっ赤にして大人びてみるのにBaby Face 似合わないよとあなたはそう笑うだからあなたに ヨシヨシされても  せがまれても お願いされても愛の言葉はかんたんに言わないもんね だってそれがわたしの 逆・じゅもん 他の人とは ちがう接しかたがうれしくもあるけど 気をゆるして油断している テキトーさが癪(し...

SHARE

テントウ虫とIndian Summer

0
■テントウ虫とIndian Summerファーゴ 秋風のバスが彼のことをさらっていったの落ち葉のうずが追いかけた朽ちた 木株にすわったらさびしげなバブーシュのつま先自撮りしたらどんな顔してる卒業したらどうするの ふたり   会えなくなる未来をおそれてたIndian Summer 秋枯れの中に美しいコインがいくつもかさなるような陽ざしIndian Summer テントウ虫がふと飛び立つように 彼と さよならと云わないさよならしたくちびる ...

SHARE

ウインナー ・ワルツ

0
■ウインナー ・ワルツ巨大な くらげ雲の下で 僕らはなんどもわかれを惜しんでいたあの時 写メで撮った 一枚はぼくのTシャツにプリントされたもう知ったこっちゃないよねつむじ曲がりはお互いさまそれより目の前の信号わたらなきゃ弁解なんてしないよ クリップのように僕らの日々を かろうじて留めていたのはさよならでしかなかった遊泳禁止区域まで泳いだよねあれはきらめいたという記憶ちぐはぐな想いが膨らんでくからきみ...

SHARE

レジメンタル・レイン 

0
■レジメンタル・レイン 怒る気にもならないよ 変ったよなきみは別れたいと云ってるみたいゆるめた僕のネクタイ その柄みたい斜めに横切る  レジメンタルの雨だってかなしいじゃないか ふたりこれまで何年つきあってきたんだろうねなにもわかりあえていない そんな気がする きみの言葉が僕をすり抜けてゆくグラスに残るチェリーが泣いてるようレイン レイン 聞かせてよ 雨のことばをレイン レイン 僕たちは どこへ行くの...

SHARE

葬歌(Sad Song)

0
■葬歌(Sad Song)革のソファーに寝そべって愛し合った 愛の日々よふたりはきらめきの中にいたやがて闇がつつむ日までその手からうばった銃がみじかい終わり告げていたお前を撃ちころせなかったなにもかんじなくて済むのにかなしみだけを世界にしておれは生きるから ティ アーモどうかかなしみには咲くな さらばお前いちばんの敵は友よりもっとちかくにいると知る敵の女だったとは知らず血より濃い絆かわした誰にも裏があるよう...

SHARE

Keep It On The Down Low

0
■Keep It On The Down Low彼はそうよ Dumb Kewl引力があるの私の宇宙はあえなく巻き込まれる傷つかないための恋はあとで傷つくの得体が知れぬほどこの身焦がしてゆく水の中では泣けない 笑えないでも水の中でも愛せる抱きあえる Keep It On The Down Low 彼と出会えたこの青い水の星の奇跡Keep It On The Down Low 今つかまえるやっとみつけた 影をおよがせて自分史がこんなにも書き換えられてく私は紛れもなくそう彼に漂うチャ...

SHARE

OOH Baby,It's Me

0
■OOH Baby,It's MeOOH 許せないのあんなフェイクなやつあいつに恋するなんてOOH コインランドリーまわしながら泣くの部屋にいたくなくてわたし寝ぼけまなこのあんぽんたんにんげんでいたくない気分OOH Baby,It's Me ネイル灯してバッチリ メイクして 誰用よ?OOH Baby,It's Me 相手にしないそう吐きすてて わたし相手にしてるじゃないあいつあたまにくる クッションが散らかるOOH 置時計がフロアに置かれたままいつの間...

SHARE

すみれ

0
■すみれたてひざをして ふと見つめているあなたのたばこは からっぽに漂うひたむきすぎて 哀しませたのねあなたの瞳を 見つめればわかるのほかのものにはなれても 愛にはなれないこんなさびしさを知るすみれ すみれ せめてうそとわかるうそをさいごにあなたにつきましょうすみれ すみれ およそ似つかわしくもないこの女ふしだらにつき だからすきだった すみれあなたにきっと 求めていたのはなに不自由のない 生活(...

SHARE

花嫁衣装

0
■花嫁衣裳花々にかざられた揺られる柩だった14で私は死んだ花嫁衣裳を着て顔さえ知らぬひとに嫁いでいく私は宝石 纏(まと)い うつむく死に化粧のようなかおお祝いの祭りが出る 橋の向こうから すべてが影絵になる頃 男が来るそれでもあした朝の鳥が えだで鳴く頃は私も 女になるのでしょうこの土地の風習を躰におぼえさせた家訓を守りぬくよう自分を捨てて生きてた跡継ぎが出来ないと罵られ泣いていたこの家のしきたりに...

SHARE

風のなかのダイヤモンド・リング

0
■風のなかのダイヤモンド・リング古いBallPark 背番号たち黙々とウォームアップしてる故障リスト入りしてから長距離バスを乗り継いで来た 観客のいない スタンド紙切れのような夢が 吹いてる きみのメールへの返信遅れてごめんここまで追い込まれたらやるしかないなだけどCheer Up ゆびにパウダーグリップまぶしグラブに置いた球 Cheer Up  思い切り振りかぶる 風のダイヤモンド・リングせめぎあうような 一打一球プロは実積...

SHARE

該当の記事は見つかりませんでした。