FC2ブログ

歌詞のようなブログ

MENU

あまい匂い

0
■あまい匂い時おり図書館に寄る何か読みたくて古いインクと紙の混ざるあまい匂いを嗅ぎに特に本にはこだわらず拡大鏡を置いて読むイネス・デ・カストロとペドロを ぼくとあの娘に見立てたりして時の支配人 あなたに聞きたいぼくの愛は長らく貸し出し中の本いつかえってくる栞はさんで 投げだしたままあるぼくらの 本のストーリー装丁から こぼれおちて白紙さでもすべて余白に綴られている寝袋持って卒論缶づめになった机でチラ...

SHARE

クエスト中

0
■クエスト中どうしたらこの局面乗り切れるクリアしたら次に行けるにさっぱりよ 私のどこが悪いのあなたと私 クエスト中マグカップの片方置いて 目も合わせずあなたはタンガリー・シャツのまま出てったオンラインのゲーム上の出来事ならこんな想いしなくて済んだのにお手並拝見 あなたと終了しないよう私 何キャラにだってなるわ 嫌われてもあなたを憎めないのだれが正しいジャッジをするのすべてをOFFにしても突発中あなたと...

SHARE

ロザリオ

0
■ロザリオガラス瓶の帆船が海へと行く日彼の人は帰ってゆく Into God's Eyes人生はつかの間のジョークなのさと親指たて わらう顔が わたしには見える死んだのじゃない 変化したんだそのくちぶりまでもが 聞こえてくる譜面(スコア)から音符が舞うMusicをこよなく愛した男(ひと)よ Bon Voyage想いは見えない でも話しかけている彼の人をそばに感じる Oh My Feelings世の出来事は インプロヴィゼーション束の間に響きあ...

SHARE

姉の恋文

0
■姉の恋文私書箱には 手紙が一通しまわれていたこんなかたちで はからずも姉の恋文にふれることは姉の本意ではなかったでしょう打ち明けないことが私の気持ち悟られないことが私の気持ち勝手に好きでいる私の気持ち片恋だからいい私の気持ち人生にくもりひとつもなくよく晴れた日にまるでほほえむように息絶えた姉のこと実は弟のわたしもよく知らないのですあまりに年が離れすぎててだけどこよなく花を愛したひとでした男の影は...

SHARE

該当の記事は見つかりませんでした。