FC2ブログ

歌詞のようなブログ

MENU

いなほせ鳥

0
■いなほせ鳥ちがう男のうでのなかにいてもそれでもこころはあなたに寄せるささやきかける 男の肌をぬけ私はなおさら あなたを想うああ あの日に帰れないなら 鳥になるよとおい空を飛ぶひとの言葉も忘れて 躰(からだ)突き抜け鳥が 鳥が 羽ばたくあなたが消えれば この星に私はどこにもいないと同じこと わたしの心は いなほせ鳥いっそ男になれたらいいのにね化粧おとしても女のままねいろんな色と いろんなかざりに染ま...

SHARE

Pierrot(ピエロ)

0
■Pierrot(ピエロ)ぼくは間違いなくぶざまに違いないなさけなくて腹立たしいかも知れない一生懸命きみにあたまを下げるこれしかできないからあやまりつづける笑えるだろう 笑えるだろうどんなギャグよりも 寒く笑えるだろう道化師(ピエロ)になりたい どんなときもきみに笑顔届ける唯一の男になりたい道化師(ピエロ)になりたい つらいときも明るく泣けるような生活(くらし)ぼくはきみにあげたい微笑みのほうをむいて 微笑...

SHARE

フキノトウの詩(うた)

0
■フキノトウの詩(うた)まさか僕にたべられると思って 生えてきたわけではないだろうが春のしらせのような フキノトウを僕は美味しくいただくのですその苦味が 今はいいとわかる便利は不便 自由は不自由 不満足はありがたい そんなこころを拾えたら青いフキノトウも天ぷらにされて よろこんでる気がするよフキノトウはフキノトウらしい姿雪のしたでこっそり見つけたらしあわせのまえぶれに会えたようなフキノトウはいい面...

SHARE

だって雨だから

0
■だって雨だからだって雨だから 濡れてかえりたいあなたと手と手を つなぎ歩きたいふたり傘なんて ささないもんね春の雨だから 濡れて行こうじゃないJadeのしずく 今ごろふたり欠席裁判中もう他人(ひと)の目なんか気にしないかなしみの隣人はしあわせだったなにもかもささやきかわす春の雨の中なにもかもふたりを映す春の雨の中だって雨だから 雨に身をまかせ雨のことばたち そっと聞きたいのあなたと一緒に 風邪ひきた...

SHARE

アンチ・ヒーロー志願

0
■アンチ・ヒーロー志願何が問題なんだっけ?生きてる意味とか それで見つかったんだっけ?苦しまない方法とかどんな窮地からも きっと策を見いだせるそれが人間の機知であり人間たる所以だよってどこかで聞きかじったような話を蒸し返すのはナシだ出たー オバケじゃないよ おれ様だよ世の偽善者たちの化けの皮を剥いでやるあの世から見たらこの世はきっとホラーこの街は幽霊船 さあ立ち上がろうきみも行くかい?アンチ・ヒー...

SHARE

花偲ぶ

0
■花偲ぶ朝市でうつわを手にとるあのひとの表情ときたらまるで猫の目変わるようだ僕はしばらく息をとめる金魚のようにさらり逃げる一応あずかるなんて言う所詮、僕の想いなんてね百日紅の花とこぼれるその会は「花偲ぶ」という 月一で人生を終えかけた人びとが咲く花を愛でるひとは燃える草とあのひとは言うなごやかな時 それぞれの鉢植えをほめている泣くがいいさらに笑うがいいどのみちひとは半日花むかしにつれあい亡くしても...

SHARE

Sunflower Place

0
■Sunflower PlaceI Love Him メール一行でフラれたあの夏まだこころがジリジリ日焼けしてるあれから ずいぶん経つむすめの制服姿に きみを見てるきみのことはわすれたよと、は言ってみたものの太陽のある場所にきみはひそやかにいるあの頃のままどうしてそこにいるの僕の意に反して なぜ今もモヤモヤこの胸にあるのSunflower Placeドラマじみた 再会もないしその後を知らないメガネのレンズがふと浮いた気がする日ときどき家...

SHARE

終わっていた季節

0
■終わっていた季節縁を切りましょう 指をほどいたらただ溶けるだけのあわい雪になる 想いははかない 糸のようですねはりつめた空のかがみふたり見てるふたりだけがわかるかなしみとともに生きていけるならそれも幸せ自分の声さえ聞こえないみんな消えていなくなれ 心ばかりが降り積もる 今夜はやけにしんとする終わっていた季節が 私たちをただの客にしてしまう あれこれ思えば 夙夜夢寐(しゅくやむび)でしたふたり明け...

SHARE

該当の記事は見つかりませんでした。