FC2ブログ

歌詞のようなブログ

MENU

一本の長い髪の毛

0
■一本の長い髪の毛彼女のささやかな抵抗一本の長い髪の毛彼のベッドで みつけた知らんふりして 払いのけた彼 否定しないのよ まあ いいわ 好きにすればLove's Gone Bad ささやきとため息彼女の悲鳴まで 聞こえてくるJealousyが羽根のようにおちてるたかが一本の髪の毛よ わたし笑ってる Tears In Vainシェトランドのセーター着てる彼を愛してくれる彼女彼に聞かない 云わないかるく頬ずり してみせる愛って戦争なんだわ...

SHARE

ラストタンゴをわたしと

0
■ラストタンゴをわたしと見下ろす午後の死んだ町黒いソワレが翻るたびにのけぞるあなたの顔はLustyささやきかけるようにあなたは云う僕の死に場所はきみの胸じゃないいいのよ あなたは誰も愛せないだけそれでも思ってた きっとあなたを振り向かせると厚い香りに 眩暈(めまい)がするひび割れた太陽に気が遠くなるさよならさえ弔うわだからあたらしいラストタンゴをわたしとわたしの何を見ているのあなたがいつだってわからない...

SHARE

東京ランデブー

0
■東京ランデブーここはひとまず 乾杯しましょあなたと私だけ のこされて困るわ こういう場の流れみんなに気を使わせちゃったわね汐留エリア ここもひさしぶり私?どうよ まるで変わったわスコッチ なんて今は飲んでるし駄目な時は駄目に転ぶ そういうものよ東京ランデブー ないものはないぐらい至りつくせりあるわ東京ランデブー でも愛があっても暮らせなかった ないないづくしの 私たち昔は欲しいものだらけで今はそれ...

SHARE

花束

0
■花束シャワーで何度洗いながしてもそれでも涙がやけに冴えてゆく そんな日がある そんな日もあるあのひとには 伝えなかった 知らせないことも わたしの気持ちだったバラのようにキレイな彼女には わたしなんて到底及ばないもの散ることもある そんな想いを花束にして かなしみよりもやさしいものがない失望よりも親しいものがないそんな日がある そんな日もある精一杯 出来るかぎりに笑顔浮かべてる あのひとのすぐそ...

SHARE

深海魚

0
■深海魚 皮膚をシェルターにしてぼくはどこまでも深く潜るこころなんていうものに目を瞑ったままでも生きられる噂には尾ひれがつきひとは絶えず渇きにおぼれるうちすてられた日常にうだるほどぼくらの海がある ぶっこめー ぶっこめー雑魚のたましいを込めてぶっこめー ぶっこめーきみの魅力に”敗北”したと告げよう#(ハッシュ・タグ)つけてそれでも泳いでる ぼくは深海魚 大きな釣り針だけがいたるところにぶらさがってる無反...

SHARE

愛すれどパリの灯は遠く

0
■愛すれどパリの灯は遠くすこしずつ踊りの輪がとまるようにふたりの何かが変わってしまったすこしずつ抱き留めるうでのちからが萎えるようにふたり何かを落としてきた※友よ わたしたちはさいごの友よ うらぎりあっても許し合える心許(こころもと)なく 音もなく 終わったものを 何と呼べばいいのでしょう 綺麗なものほど壊れやすいの 遠くで眺めてただけなら傷つきもしなかったわゆれるゆれる 愛すれどパリの灯は遠く  ※...

SHARE

パスワード

0
■パスワードあの時の走りは スピードを越えた影をつないだ ベイエリア0時あなたと私が ただの他人にもどったあの日 ただ風が吹いたバイク停め メット返した時にきつく抱きしめてくれたねずっと好きでいるわと 見栄切ったけどあなたは二度と会えない場所へわたしのパスワード 今もそこであなたはずっと生きつづけているあなたの誕生日 なぜなくせないただの数字の 組み合わせなのに派手に横転した 雨にタイヤ跡あなたをまだ...

SHARE

4u(フォー・ユー)

0
■4u(フォー・ユー) 僕がいい男でいられたのはきみの前にいる時だけだった  僕が優男でいられたのもきみがそばにいる時だけだった夜はアシメトリー 腕組みしていたら ダンスも出来ない抱く気もないのに 女といて飲む気もないのに パブにいて読む気もないのに 新書買う誰かぼくの代わりをやってくれ  それもこれもまだ 4u(フォー・ユー)ノック症候群 きみが僕のドアをまたノックする日どこか待つ肩書きに意味はない 意...

SHARE

羽衣の宴

0
■羽衣の宴午後20時と午前7時の女は違うあなたにはそんなことわからないコンパクトひとつで女は生まれ変われる開放弦のかろやかさで云う何も持ってない男がいいわ 浮気ならいいとあなた 愛のために 愛のために 自由にさせて すべて持ってるあなたより 彼を選ぶあなたを嫌いになったわけじゃない彼のほうが好きなのよ 羽衣の宴月日は光るカモシカ 射止めたと思ってもあしもとには弓矢がころがるだけとべない女だとわたしを見...

SHARE

ワルツはもう誰とも踊らない

0
■ワルツはもう誰とも踊らないもう思い出はふりむかないいくら抱きしめても戻らないきみでもなくぼくでもなくふたりじゃなくなったということ時計はむかしを指したまま 痛みだけが生きてるということ愛したことさえ 百も嘘 ぼくの心臓はコインロッカーかどっかワルツはもう誰とも踊らない時は絹ずれの音  molto allargandoワルツはもう誰とも愛さない からっぽなサロンを誰が満たす  Pff... Rienぼくのものですらなくなっ...

SHARE

該当の記事は見つかりませんでした。