FC2ブログ

歌詞のようなブログ

MENU

拍手を。芝居は終わりだ

0
■拍手を。芝居は終わりだぼくにはきみを愛さないというそんな愛などどこにもなかったもしも世界が うつくしいのなら ぼくは今すぐにでも死んでやるのどにかみつけよ 感情が欲しいきみの尻尾などすぐつかめるさもしも世界に 抱きしめられてたら ぼくらはぼくらを抱きしめてたかハニー ハニー ここまで来て 髪がしみるAny Day Now, I Shall Be Releasedハニー ハニー 腰にベース・ギターの音巻きつけた 10代だって30にな...

SHARE

垂(しず)り雪

0
■垂(しず)り雪 この世界はひとつである必要はない きみの生き方 僕の生き方 たくさんの枝が重なり合い 世界という森をなす 僕はあえて 君を見送りに行かないと決めた 枝先から垂(しず)り雪  すぐ近くまで来てるのに駅のホームで カートを引いて 君はふるさとに帰る電車を待つ 君からの着信を取らずにいた別れは無言がいい この世界はひとつである必要ではない たくさんの色 たくさんのひと 一瞬触れあって離れても 木々...

SHARE

春はさやめきの中に過ぎてゆき

0
■春はさやめきの中に過ぎてゆき一の手はしらん顔 二の手は拗ねてみせ三の手は嘘泣きをするわたしの一重まぶたを好きと言ってくれるあなたは昭和の男前朝に夕に 正座して半紙に何かしたためていますくずした文字は誰にも読めないあなたにわかれを告げましょうかなしくても 幾年(いくとせ)しあわせでも 幾年(いくとせ)しまいかけるすずり箱に 私の秘密そっと網引きするたびに貝がらばかり絡まる裾を流してゆく夜しどけなく...

SHARE

パープル・ロープ

0
■パープル・ロープ強いビル風に 乱反射する高い窓たちに 西日飢えた目をしてる ルサンチマンあなたの顎から耳ショコラひとつ つまんで 口移し Ah Haパープル・ロープあなたは牧師のくちぶりでまるでならず者だわふしだらね 輪の中 くみこまれあなたと パープル・ロープ求めているのは 真実じゃなくきっと作り事でもないもっと汚して ガソリンの匂い屈辱が くい込むのひとが生きて ゆけるのは理由がないからねパープル...

SHARE

マリエ

0
■マリエ紛れ込むFrame-Up 液晶で見るニュース・ショウヒールを脱いだ脱獄犯よりしのびやかに国境には偵察機 国々の思惑が混ざり合ってる恋人たちが抱き合う今夜も駆逐艦の黒い影が滑る屈指の女スパイ マリエおまえをかならずつきとめる男の料理で女も出来上がる意味をわからせてやるよ マリエ密約や画策が 交錯する噴き上がる噴水表と裏 世界は回るよ真実などもう存在しない美貌の女スパイ マリエ男と女に違いはない別々の...

SHARE

Ant Song

0
■Ant Song B級でいい 亜流のどこが悪い ステレオタイプで 見分けもつかず 列を作り 変わり映えない日々 だからこそドラマがあるんだ僕らは震えていた恋に理由はなかった お互い風邪を移しあおうどうしようもない雨 Ant Song この道のつづく果てがたとえ見えなくてもいいAnt Song きみさえそばにいたなら蟻の一歩も やるね迷いはチャンスさ Ant Song 凡人でいい 誰もが孤独をいだくたとえ何も 出来なくても僕らは出来る 誰...

SHARE

よじれた関係

0
■よじれた関係なぜにきみは 僕があいすることをやめさせてくれない情事のあと きみは煙草を吸って彼を想うくせに不可能におもえる夢ほど賭けてみたいまわりに味方がいない分きみを敵だと思えなくなってる愛はないけど 彼とわかれられないもぬけの殻でも むずかしいわ 男と女そう言って僕をけむに巻くのさ Ah よじれた関係なぜにきみは 独り占めすることにうなづいてくれない身支度おえ きみが部屋を出てくと胸ふさがれる...

SHARE

ドン・キホーテになってみないか

0
■ドン・キホーテになってみないか見果てぬ夢をいつまでも見たいわざと難しい道をえらんで届かないものに想いを馳せるそんな男がいる 今もこのむねに平和は多くのしかばねのうえにある平和は美しくない 泥まみれの手にあるしがらみのなかで 予定調和のなかで 朽ちたルールのなかでひとはみな歳をとるドン・キホーテになってみないかドン・キホーテになってみないかカッコわるくてもやってみるがいい ドン・キホーテになってみ...

SHARE

そこから先は雨

0
■そこから先は雨だって雨だから ぬれて歩きたいかなしいからこそ 最後は笑おうこわれた自販機のあかりだけが生きてるような こんなまちまで来たどうしてと 責めもしないきみのやさしさが 重い投げやりな 僕はずっと卑怯な男のままなのに雨降りゃ まぶたにお月さんゆれるかなしい なみだにお月さんゆれるその先を言わない 行き先を聞かないそれがふたりのことばのようにそこから先は雨 せめて上手い嘘 ついてくれ給え愛...

SHARE

凱歌

0
■凱歌わかれよ うらはらな笑顔にわかれよ グラスを滑らせてフィナーレを 飾ることなくふたりのこれまでを洒落にしておびき寄せる さよならおとり同士 もとからふたりなどいないこの国はもう国じゃない賑わいばかりが明るい沈む心が明るいひと砂漠ひとはおぼれてふたりにはなにもなかったと 綺麗なことを言うそれがふたりの凱歌すべての ものに名前をつけたそれがぼくらの くるしい理由愛だとか 恋とか言って男も女もない...

SHARE

該当の記事は見つかりませんでした。