FC2ブログ

歌詞のようなブログ

MENU

流麗の民

0
■流麗の民わかるか 嘘つくしかない男をわかるか とがめだてしない女をわかることだけを世界にしていたこれまでさ行かせろ 何ひとつ選べなかったふたりの 正しさが横すべりした知らないほうがいい 知れば怖いぼくらはどこに行くこの国は国なんだろうか闇の深さ 知りすぎたぼくら話さぬためにも口はあるこの国は国なんだろうか賑わいばかり明るい沈む心までも明るい勝利のための勝利などいらないいつかきっとふたり高らかに ...

SHARE

Girlz

0
■Girlz最後ぐらいは向きあいたかった なのにうでを外し 着信音  あいつは しかも それを取ったのよ それで すべてが 終わった スカートのフリンジが泣いた 9月の自動ドアの風 さっきから彼女たちは 笑いがとまらない Girlz トッピングして話を盛ってGirlz うんとタバスコかけてちょうだいシングルに戻る わたしのために ひさびさあつまって わたしをくすぐる  Pity Partyまず最初に愛はそこにあった次ににくしみがここに...

SHARE

Phat143

0
■Phat143島影は溶けだして波音はくりかえす靄(もや)るヌード ひとりで わたしはよこたわる5人のブルネットがわたしの胸にいるけどかなしみ 波に打たせてはしゃいでみせるのよ 潮風に物憂げな午後のひざしは眠たげなトロンボーンこの国に来た 理由は云わないあなた以外の美しい男を思い浮かべるのよ 若い頃とは違うわ浅瀬に透ける岩礁しばしさまよわせる孤独が今はすききれいなだけだったらきっとあなたとはとっくに終わって...

SHARE

ボンゴレ・ビアンコと白ワイン

0
■ボンゴレ・ビアンコと白ワイン見よう見まねのおとこの手料理だきみのくちにあうかどうか まあどうぞボンゴレ・ビアンコに 辛口の白バターでからめてパセリ、塩、胡椒せめてものもてなしさ 食べておくれよ電話がかかってきたとき元気なさそうだったわかってるよ きみがわかるこんな深夜 雨に濡れて きみがこの部屋に来た理由ならなにごともそう頃合いが肝心おとこのキッチンもそれはそれで 奥深い本当はこういうかたちでき...

SHARE

サリーヤ

0
■サリーヤモロッコ刺繍の衣が落ちるとはじめて女にしてくれるArabic Blueに 浮かんだサテンピンクの月麗しを麗しを奏でましょうサリーヤ サリーヤ せめて微笑みがやどるようにサリーヤ サリーヤあのお方に 愛されなさい麗しを麗しを奏でましょうわかれ杯 そっと割られたよ涙かみしめふるさととおく花びら身を投げる 回廊思い出がめぐる麗しを麗しを奏でましょうサリーヤ サリーヤ幼さがのこる肌染めてサリーヤ サリーヤ ...

SHARE

拍手を。芝居は終わりだ

0
■拍手を。芝居は終わりだぼくにはきみを愛さないというそんな愛などどこにもなかったもしも世界が うつくしいのなら ぼくは今すぐにでも死んでやるのどにかみつけよ 感情が欲しいきみの尻尾などすぐつかめるさ恋すればエゴイストなんだって 自己中な僕らが抱いたのは何ハニー ハニー 涙はもう 何も語らないAny Day Now, I Shall Be Releasedハニー ハニー ふたりのPlayListからあの曲を消して 次の配信入れるだけさあば...

SHARE

砂の男

0
■砂の男縒(よ)れた白スーツに ほどくボウタイ俺のエナメル靴がめりこむ お前のしろい肌 くずれ落ちたら  何も見えない そこから砂漠手のひらお前の髪 さらさら逃げる  まぶしすぎる世界で 眉をひそめている We Have No Sense To Say Good-Bye ふとしたはずみでお前と 二人絵の中に入っていったらそこはgoutte d’or界隈 チャ・チャ・チャスラム街の宝石(ジュエル) 名を売るお前 部屋に男の黒い靴まぎれるお前は肩すくめ ...

SHARE

パスト・ラヴァーズ・オンリー・ワン

0
■パスト・ラヴァーズ・オンリー・ワン売りに出ていたあどけない少年が今のあなたの表情に一瞬浮かぶすごい剣幕で喧嘩したかと思えばそのままべッドに沈んでささやき交わす※ いわくつき男に そして理由(わけ)あり女世間にヤバいと言わせたら ふたりの勝ちよパスト・ラヴァーズ・オンリー・ワン華々しく愛して 何度も派手に別れて来た パスト・ラヴァーズ・オンリー・ワン過去のこいびとたちは みんなそうよあなた1人よ※若...

SHARE

赤と青

0
■赤と青波の両手で Oh Atlantic まどろんでゆくよ俺のこころを あやすような 大きなその愛一羽の海鳥(とり)が飛ぶ漂う世界は 俺とおまえのために在るというような このしあわせ赤と青が つかの間に 出会う地平線Sun Rise &Sun Set  永遠に 海に恋をする時間をとめたままみじかいキスのため だれもが裸のまま生まれてきたよな しあわせ熱い渇きに 満たされて 俺は終えたい死ぬことはそう 生まれること 波を聞きなが...

SHARE

ROSE

0
■ROSEいくたびか 胸砕けうなだれるときいくたびか 夢やぶれ涙ぐむときわたしは思い出すあの誇らしげなRoseなにをも恐れず匂い立つ あの姿を傷ならばいつか消える夢だけは消せはしない手をこうしてひろげてあなたに咲いている苦悩に満ちた 想いこそ 特別な OH ローズ大切なものいつかわすれてるとき逆風が すさぶなかふさがれるときはわたしは思い出すこの胸にまだあるRoseさびしいひとたちはかりそめの 花にしずんで時すぎ...

SHARE

該当の記事は見つかりませんでした。