FC2ブログ

歌詞のようなブログ

MENU

Peace With You

0
■Peace With You卒業写真の欠席者その右上の枠に僕はいつもいたんだサナギから出たくなかったこころは16歳あたま蒸発していたきみに会ったときも 気づかなかったはじめからわかる 運命なんてないPeace With You ぼくがいること平和でいること きみが好きなことPeace With You 教えてくれるよきみがそばにいると 愛が振り向くよ  Peace With You虫メガネの焦点あててぼくの胸にジリリと火がつき穴があくよカレンダーどおりだ...

SHARE

Masterpiece

0
■Masterpiece 鳥がとぶから 空はあるんだよぼくらは知らなかったこんなすばらしい世界を  深呼吸して 窓を開けてみたなぜだか泣けてくるんだ夢のつづきを読むように 生まれてきてくれてありがとうきみは Masterpiece 最高傑作さ  愛はその時々の作品いのちに出来不出来はない 一枚の絵を描きつづけよう Masterpieceぼくらはきっと 自然の一部宇宙のかけらさえ抱くあどけない時のなかにいて愛は愛する ことで愛になる光が...

SHARE

Ant Song

0
■Ant Song B級でいい 亜流のどこが悪い ステレオタイプで 見分けもつかず 列を作り 変わり映えない日々 だからこそドラマがあるんだ僕らはコンプレックスの塊恋は無用で通してきたのに 風邪を移しあえる幸せ崖っぷちってサイコーさAnt Song この道のつづく果てがたとえ見えなくてもいいAnt Song きみさえそばにいたなら蟻の一歩は 巨人の一歩さ Ant Song 凡人でいい 誰もが孤独をいだくたとえ何も できなくても僕らは出来...

SHARE

Yellow And Blue

0
■Yellow And Blueわたしは黄色 あなたは青雨に溶ければ緑絵筆に黄色 パレットは青絵にはならない Yellow And Blueリップ・スティックの数だけ恋して Yellow スーツの裏地に紅(あか)が紛れて Blue黄色い髪が蜜のように流れて あなたの青いタトゥに抱かれ 説明なんかしないでよ なんにも聞いてないただ確かなことは Yellow And Blue光の黄色 クールな青うそが滲んで午後翠(みどり)の雨が 窓をつたうそばにいても Yellow A...

SHARE

It Sounds Good

0
■It Sounds Good時計をとめてこころかさねてIt Sounds Good 人生は美しい音楽ひとは知り合うまで みんな見知らぬひとさ星座のカード まき散らしてぼくは きみの 白磁の手の中It Sounds Good おばあさまも昔It Sounds Good 踊ったダンスをふたり王族のビートで La La La密着度高めたしかめあおうIt Sounds Good 宇宙じゅうまわって恋しよう気高きたましいが瞳の文字を読むよ一度きりしか 使えないきみの魔法は 永遠It So...

SHARE

友よ

0
■友よ いっそ殴れたら いいのに友よ それでも信じてるなぜにこんなこと するのか友よ この目をみて話せ※ さよならと言うな俺のあの女(ひと)が泣くから友よ 友よ 友よもしまだ友情があるなら一生 俺の前から消えてくれ胸が 砕ける  友よ ※あのひとはこども 宿した友よ しあわせにしてやれ今夜立つのか もういい友よ 責めるつもりはないにぎやかな街から人知れず何かが消える友よ 友よ 友よ家族より長い時間(と...

SHARE

5本の弦に3つの音と2本の指

0
■5本の弦に3つの音と2本の指どうしてそこまで わるくなれるのかおまえのことを みつめてしまうモラルなんてない 男をさそって同じごちそう 二度は食べないそんな生き方を ひとはなじるけど逆にそいつは おまえのよさだその手からそっと 宝石がおちるおまえのうそは そう美しいただ憎しみにくちづけるだけなら  もう死んでると言うしかない5本の弦に3つの音と2本の指さえあれば ギターは弾ける たまには聞きなよ 俺のギ...

SHARE

春はさやめきの中に過ぎてゆき

0
■春はさやめきの中に過ぎてゆきあなたのうでにいて本を読んでもらうソファーで横になり瓶ビール飲みかわしこの長い習慣はいとおしいものなのうららかな昼下がり涙のせい かすみ立ついくど時がおとずれてもわたしたちが過ぎていったこころって読み方で 意味もちがうのね抱きしめて今日でふたりはおわるけどロイヤル・アスコット わたしの帽子をあなたがみつけてからバラとパールとドライビング想いは空を染めてく沈黙は饒舌(じょ...

SHARE

電話のように切ってもいい

0
■電話のように切ってもいいあたしは涙と相性がいいらしいあなたはうわさと相性が悪いらしいあなたによく似た他人を知ってるのあたしの目の前すぐそばにいるあなたよ半夏生(はんげしょう)夢にくすぐられて眠りあっていたかったねえ試してよ 電話のように切ってもいい 日常会話が途絶えるように ふたりを終わらせて 夜半の雨はまるで溢れる星の川まつ毛に重たい何も見えない星の川時のおわりを 決めるのはふたりなのよ時は無...

SHARE

あの悲しみはよかった

0
■あの悲しみはよかったひぐらしが人恋しさかき立ててせわしくなく鳴いていた きみと川べりを自転車を押して一緒に帰ったあの日進路指導のたびに無口になる僕たちをつつんでる斜めの夕日がやけにまぶしくてなんかあたまに来ていた卒業したら離ればなれだねチェーンのまわる音だけしてふと顔をあげて彼女は言ったあの悲しみはよかった いつかきっとそう思えるよ思い出になる頃には 二人はよかったとおもえるよ全身で恋してたから...

SHARE

該当の記事は見つかりませんでした。