FC2ブログ

歌詞のようなブログ

MENU

こぞの雪

0   0
■こぞの雪グラスに こぞの雪が見える消え残った 記憶たとれば物言わぬ あのひとが見えるただ無垢な 白を降らせる弱さを見せないあのひとのそんな弱さあけたグラスにさかさまに時が昇る寂れたラウンジ あのひとはいない朽ちてる くちべにをつけてる私ひとり このパノラマおちてゆく 忘れゆく世界去りにし時にも それとは告げずかがやきを背にしどんなに私が呼んでもあけたグラスを透かしたら雪の名残り爪もほら痩せてあの...

SHARE

たまには息抜きを

0
今日は高校時代の家庭教師だった方と半世紀ぶりに再会し食事しました。...

SHARE

Peace With You

0
■Peace With You卒業写真の欠席者その右上の枠に僕はいつもいたんだサナギから出たくなかったこころは16歳あたま蒸発していたきみに会ったときも 気づかなかったはじめからわかる 運命なんてないPeace With You ぼくがいること平和でいること きみが好きなことPeace With You 教えてくれるよきみがそばにいると 愛が振り向くよ  Peace With You虫メガネの焦点あててぼくの胸にジリリと火がつき穴があくよカレンダーどおりだ...

SHARE

角打ち

0
■角打ち一発やられてよ かえす手を打たれ俺はすて駒ささっきからきみ笑ってるなにがそんなにおかしいのさ酒よ酔わせるな こころ酒よかがみに映せ 俺を世の中そんなんばっかりだからこんなんばっかなのさ鋭い矢は折れてしまう 堅い鎧は脆いと知るよ言いたいことはきみに吹く風 きみはどこ吹く風熱燗ぬるめでと 今日も角打ちおもてだけなら飛車だけど裏をみて成れば歩とて金夏の夜は 吊るした蚊帳で煙草吸うたびホタルのよう...

SHARE

Miraculum

0
■Miraculum雲の階段を ラインダンスたち帽子とステッキを手におんなたちがチップをはずむたびおとこたち陽気に服を脱いでゆく自動鍵盤が奏でるアラビア模様の夜 きみをさっきから見ている あのコートの男は 男娼たちのパトロネージュMiraculum 唾液が溶けあう夜インクで刷られただけの紙にむしられて 人生は愚か者が勝ち悲喜交々 踏み外す人生凍る薔薇をきみは抱く死は平等にしあわせは不平等に訪れるきみのくるぶしを浸す...

SHARE

Masterpiece

0
■Masterpiece 鳥がとぶから 空はあるんだよぼくらは知らなかったこんなすばらしい世界を  深呼吸して 窓を開けてみたなぜだか泣けてくるんだ夢のつづきを読むように 生まれてきてくれてありがとうきみは Masterpiece 最高傑作さ  愛はその時々の作品いのちに出来不出来はない 一枚の絵を描きつづけよう Masterpieceぼくらはきっと 自然の一部宇宙のかけらさえ抱くあどけない時のなかにいて愛は愛する ことで愛になる光が...

SHARE

Trust Me A Liar

0
■Trust Me A Liarくちびるたちは かげりをまとったくちびるたちは 会話をわすれたくちびるたちは キスに閉ざされてくちびるたちは こころをこわしたくいちがう Meaning おちてくる Ceiling私たちが今ここにいる意味をおしえてよ部屋のカナリアは歌う 私は云う何かが完璧に違うのよ 今はLive Your Truth あなたはあなたの真実を生きてあなた以外のすべてをFakeにすればいいわTrust Me A Liar Trust Me A Liarわたしが嘘を...

SHARE

紅つばき

0
■紅つばきもしもしあたし 今、出先から電話はすぐに切るからさ 3分だけあたしねまたも そうふられたわあんたよりもマシだと思ってたひとに優しい男だったけど近すぎるって言われたのきみの気持ちが重すぎるとそんなふうにも言われた寒すぎると 寒さなんか感じない傷つきすぎると 痛みもないねえ 雪が降ると 紅つばき ため息ついてまたひとつ落ちるよう  嘘よ 雪も紅つばきも本当は何もないあるのはあたしのうすら寒さ世...

SHARE

織り唄

0
■織り唄ひとはみな織り糸 出会いとわかれをまた くりかえしてくひとはみな心は わらべよ見えない布 手のひらのせる愛にいだかれてそれとは知らずに機を織る誰もがそれぞれ機を織る織り唄 何が織りあがるのか誰も何も知らない織り唄 人生は織りあがらないひとはみな流れの 中にいて荒い波が 島をつくるひとはみなかわいた 木のように時おり枝 ふれあわす愛に育まれいつからいつまで機を織る機ではないけど機を織る織り唄...

SHARE

遍歴

0
■遍歴しないで くちづけしないでしないで やさしくしないでしないで 愛したりしないでわたしに立ち入らないで男のなみだを 香水瓶にしてわたしはすべて手に入れたのよあなたは知らない 知らせたくない捨てて来た わたしの遍歴行ってよ あなたは前みて行ってよ このまま帰って 行ってよ それしかもうないよるがお 朝までの夢男の寝首を 掻くようなうらぎりこの手にあなたかけられないわあなたを本気で 愛してるから別...

SHARE

該当の記事は見つかりませんでした。