FC2ブログ

歌詞のようなブログ

MENU

すがしい庭

0
■すがしい庭愛はすがしい庭 なつかしい庭いつもわたしを むかえてくれる風は昔からも 吹くとおしえる誰にでもある こころの場所よ時間は過ぎない ふたりの愛は生きているのよあなたはいない あなたのいないはじめての季節 愛ははるかな庭 やすらかな庭ひとりの私 まねいてくれる花たちがなくても なにもなくてもまぶた閉じれば 花はゆれてる悲しいことを 悲しくかんじられるうちはいいしあわせって しあわせだけじゃ...

SHARE

ボンゴレ・ビアンコと白ワイン

0
■ボンゴレ・ビアンコと白ワイン見よう見まねのおとこの手料理だきみのくちにあうかどうか まあどうぞボンゴレ・ビアンコに 辛口の白バターでからめてパセリ、塩、胡椒せめてものもてなしさ 食べておくれよ電話がかかってきたとき元気なさそうだったわかっているよ きみのさよならにつきあおうなにごともそう頃合いが肝心おとこのキッチンもそれはそれで 奥深い本当はこういうかたちできみに僕の隠れ場所見せたくなかった木曜...

SHARE

砂の男

0
■砂の男縒(よ)れた白スーツに ほどくボウタイ俺のエナメル靴がめりこむ お前のしろい肌 くずれ落ちたら  何も見えない そこから砂漠手のひらお前の髪 さらさら逃げる  まぶしすぎる世界で 眉をひそめている We Have No Sense To Say Good-Bye ふとしたはずみでお前と 二人絵の中に入っていったらそこはヤバい奴らの界隈 チャ・チャ・チャスラム街の宝石(ジュエル) 名を売るお前 部屋に男の黒い靴まぎれるお前は肩すくめ ...

SHARE

紐育(ニューヨーク)人にはなれなかったよ

0
■紐育(ニューヨーク)人にはなれなかったよ安いダイナーで おまえとビール出会えば別れることもあるさちょっと笑いすぎ ばかばかり話してるふたり 哀しみ照れかくしこの街はひとを 拒みはしないだけど見送ったりもしないふり払われ夢 またしがみつくでも人生は 成績表じゃないUpper East Side 眠れなかった 眠れなかったUpper East Side おまえは広い ベッドだったおれは紐育(ニューヨーク)人にはなれなかったよ徒歩...

SHARE

ブラック・パール

0
■ブラック・パールいつも片方だけつけているのよブラック・パールが そっと滴る男にはずさせるそのためのもの指先をもっと感じるためのものぬくもりなどどこにでもあるのに あなたにしか感じないぬくもりがある淋しさまで愛しそうよくちびるを読んで わるいしぐさであなたにもたれるまだ存在してないふたりになるのもしそれがさよならだったとしてもわたしたちはこころに従うのよ勝利とは不安を確信すること会い足りないぐらい...

SHARE

嘘泣きから本泣き

0
■嘘泣きから本泣き映画なんて観てない薄暗い雨の名画座でひとりどこか座れる場所を探してたレディース・デ-のレイトショー私のひざで冷めるコーヒーコンビニ袋開けるのも忘れ感情移入出来ない 映画にダブる彼が泣いた時の台詞 まるでうそくさかったあれから恋などしない女映画もじきにハネるのに席を立てないわたし 嘘泣きから本泣きわたしは主婦のような名女優になんてなりきれないしましてや愛人になどなれないりんごはりんご...

SHARE

情熱の赤い花

0
■ 情熱の赤い花作詞 Diane Warren作曲 Diane Warren歌:Chayanne feat Vanessa 日本語詞 夏井くわみ(Chayanne)ヒマラヤ杉は 凍る空を指す月明りで出来ることしようよ(Vanessa )ふとかさなるぬくもりが赤い花になる(Chayanne ・Vanessa)You Are My Home なつかしい手のひらそっとともす明かりふたり出会えたのYou Are My Home まわり道したけどお互い 愛の住処(すみか)こころの場所になる You Are My Home (Chayanne...

SHARE

花はながれた

0
■花はながれたそれでも涙が冴えてしまうのシャワーでなぜ洗い流せないそんな日がある そんな日もある耳のかたちを誉めてくれたあなたがいないことにも慣れてく花はながれた 宇宙の片隅で花はながれた 散ることもあるそんな想いを花束にしてかなしみよりやさしいものがない孤独より親しいものがないそんな日がある そんな日もあるわき役のカスミソウだけで作るブーケは清らか花はながれた 知らせない気持ちに花はながれた 花...

SHARE

Jumping Sky(雨粒はダイヤモンド)

0
■Jumping Sky(雨粒はダイヤモンド)僕がのぼっていった階段をきみは降りていったんだToday Is Friday 金曜日の呪い僕は今日に復讐を誓う彼のせいだとは言わないきみは僕をいつ格下のただの知り合いにしたのかJumping Sky ダイヤの粒を投げつけるJumping Sky 雨だけがやたらおしゃべりさそういうことにしようよ もののはずみで別れるってさ路面電車のパンタグラフがあおい花火散らしてるToday Is Bad Day 欠点も魅力だった今は...

SHARE

OLD SONG

0
■OLD SONGシェフのいないレストランきみはそこの椅子にどうぞ朽ちはてそうなピアノはこれからなにを奏でるのきっときみはわかってるそうさどこか覚えがある佳作にもならない曲だれもしらないふるい歌さOLD SONG OLD SONG愛はきみのメロディー観客は自分ひとりでも生きて 自分を 奏でてきみを 誰かが かならずどこかで聴いてる OLD SONGレシピのない料理だね人生のおいしさ手探り生まれる前に聞いてたふるい歌おぼえてゆこうOLD...

SHARE

該当の記事は見つかりませんでした。