FC2ブログ

歌詞のようなブログ

MENU

すがしい庭

0
■すがしい庭愛はすがしい庭 なつかしい庭いつもわたしを むかえてくれる風は昔からも 吹くとおしえる誰にでもある こころの場所よ時間は過ぎない ふたりの愛は生きているのよあなたはいない あなたのいないはじめての季節 愛ははるかな庭 やすらかな庭ひとりの私 まねいてくれる花たちがなくても なにもなくてもまぶた閉じれば 花はゆれてる悲しいことを 悲しくかんじられるうちはいいしあわせって しあわせだけじゃ...

SHARE

ボンゴレ・ビアンコと白ワイン

0
■ボンゴレ・ビアンコと白ワイン見よう見まねのおとこの手料理だきみのくちにあうかどうか まあどうぞボンゴレ・ビアンコに 辛口の白バターでからめてパセリ、塩、胡椒せめてものもてなしさ 食べておくれよ電話がかかってきたとき元気なさそうだったわかっているよ きみのさよならにつきあおうなにごともそう頃合いが肝心おとこのキッチンもそれはそれで 奥深い本当はこういうかたちできみに僕の隠れ場所見せたくなかった木曜...

SHARE

あやとりあそび

0
■あやとりあそび髪梳けば蛇 紅をおとせばかがみに映るは 般若女の素顔は 眉もなくして男とみまごう うすら寒さひとつ ふたつ 絹を落とせばみっつ よっつ 罪をかさねるあなたのゆびとわたしのゆび裏にかえして 表にもどる糸をとってるわけじゃない何になる何になる何にもならないひとはなんて儚い糸なのあそびも哀しや あやとりあそび三日月の夜に 酒を満たすはさびしい線香花火縁なきことも 縁でしょか        ...

SHARE

はだかの樹

0
■はだかの樹 今日のことはみんな茜の夕焼けの下心にふとしまういいことも悪いことも日々はつづれ織りあすはあすがきめること出逢いよりも多くわかれて来たけれどああ ひとははだかの樹ね つかの間 さびしい小枝をふれあわすそれでも高く高く 空に腕を伸ばす美しい雲映えに 歩いてゆく 一本の樹よいつしか葉をおとしすっかり暮れゆくけれど人生の深さに思いがけずにふれるよおいでよ この枝鳥よ雨やどりしてよ夜には星たちよそ...

SHARE

砂の男

0
■砂の男縒(よ)れた白スーツに ほどくボウタイ俺のエナメル靴がめりこむ お前のしろい肌 くずれ落ちたら  何も見えない そこから砂漠手のひらお前の髪 さらさら逃げる  まぶしすぎる世界で 眉をひそめている We Have No Sense To Say Good-Bye ふとしたはずみでお前と 二人絵の中に入っていったらそこはヤバい奴らの界隈 チャ・チャ・チャスラム街の宝石(ジュエル) 名を売るお前 部屋に男の黒い靴まぎれるお前は肩すくめ ...

SHARE

紐育(ニューヨーク)人にはなれなかったよ

0
■紐育(ニューヨーク)人にはなれなかったよ安いダイナーで おまえとビール出会えば別れることもあるさちょっと笑いすぎ ばかばかり話してるふたり 哀しみ照れかくしこの街はひとを 拒みはしないだけど見送ったりもしないふり払われ夢 またしがみつくでも人生は 成績表じゃないUpper East Side 眠れなかった 眠れなかったUpper East Side おまえは広い ベッドだったおれは紐育(ニューヨーク)人にはなれなかったよ徒歩...

SHARE

ROSE

0
■ROSEいくたびか 胸砕けうなだれるときいくたびか 夢やぶれ涙ぐむときわたしは思い出すあの誇らしげなRoseなにをも恐れず匂い立つ あの姿を傷ならばいつか消える夢だけは消せはしない届かぬ世界に手を伸ばす想いこそ 特別な OH ローズ大切なものいつかわすれてるとき逆風が すさぶなかふさがれるときはわたしは思い出すこの胸にまだあるRoseさびしいひとたちはかりそめの 花にしずんで時すぎれば 消えさるだろう貶(おとし...

SHARE

ブラック・パール

0
■ブラック・パールいつも片方だけつけているのよブラック・パールが そっと滴る男にはずさせるそのためのもの指先をもっと感じるためのものぬくもりなどどこにでもあるのに あなたにしか感じないぬくもりがある淋しさまで愛しそうよくちびるを読んで わるいしぐさであなたにもたれるまだ存在してないふたりになるのもしそれがさよならだったとしてもわたしたちはこころに従うのよ勝利とは不安を確信すること会い足りないぐらい...

SHARE

嘘泣きから本泣き

0
■嘘泣きから本泣き映画なんて観てない薄暗い雨の名画座でひとりどこか座れる場所を探してたレディース・デ-のレイトショー私のひざで冷めるコーヒーコンビニ袋開けるのも忘れ感情移入出来ない 映画にダブる彼が泣いた時の台詞 まるでうそくさかったあれから恋などしない女映画もじきにハネるのに席を立てないわたし 嘘泣きから本泣きわたしは主婦のような名女優になんてなりきれないしましてや愛人になどなれないりんごはりんご...

SHARE

海を聴こうよ

0
■海を聴こうよあれ以来初よ ふたり 江ノ電にゆられているあなたの背に朝焼けよ写メで思わず撮るあの頃よかったとふたり言わないの今を肯定する生きかた 賛成よWhen We Meet Again からかうまだわたしを 今でも 好き?って When We Meet Again ついつい君づけで 呼んでる あなたごめんね心がつかれた日には ただ海を聴こうよ経験はひとをとてもゆたかにしてくれるわだけど時にはさびしくなってしまうものね天文学的に低...

SHARE

該当の記事は見つかりませんでした。