FC2ブログ

歌詞のようなブログ

MENU

知らないで

0
■知らないで泣いているのじゃないわ頬に星のかけら散らしただけ知らないで 知らないで好きと言わない 好きもある知らないで 知らないであなたは何も知らないでこんな気持ちがあることを泣いているのじゃないわネイルのにおい目にしみただけよ知らないで 知らないでなにもなかった あなたとは知らないで 知らないで消せないことが 消えないの失くせぬことがあるだけよ泣いているのじゃないわ嘘つきの肩持つわ そう云わせて知ら...

SHARE

Karte

0
■Karte何も出来ることがなくても 僕は手当をするだろう傷む誰かがいる限り ただ 僕は手当をするだろうきみのカルテには病名はない どこも悪いところがなくても きみは確かに病んでいるコード・ブルー コード・ブルー病めるすこやかさよ きみがきみを救う無力さに打ち砕かれても 僕は手当をするだろうたとえ処方箋がなくても 僕は手当てするだろう打つ手をすべて失くしても 僕は手当をするだろうただ傍にいるしかなくても...

SHARE

木曽路恋情

0
■木曽路恋情トンネル抜けても闇また闇たどり着いて何もなくていい悪いことだらけでもいいのよきっと信じればしあわせ何度も生まれてゆく わたしたち躰(からだ)はこころ 糾(あざな)われるようにあなたのうでで 髪をみだし山の声を聞く ああ 木曽路恋情 あなたのスーツをそっとたたむただそんなことがうれしい傷つくよりも傷つけているまわりのひとを思ったらただ事じゃ済むはずない わたしたち雨にそっと 想いを映してあなた...

SHARE

地図から消えたレストラン

0
■地図から消えたレストランなつかしさに誘われてみた雨つぶの数だけ ふいに今想いは遠くなるあれ以来二度と来なかったこの町になぜいるのだろう靴音はたどってくよふたり馴染みのレストランきみと通ったレストラン今はもうない雨傘の中で 世界がとまる煙草一本 燃え尽きるまでの 思い出ばなしさ 何度も何度もたたみかける恋しさはここにあるけれどどこにも戻れないいくつかの夜を乗り越えて朝を迎えても こころの場所にきみ...

SHARE

虹いろのさかな

0
■虹いろのさかな此処まで来い 誰かがおれを呼ぶ眺めるだけの人生に飽きただろうとかかって来い おまえには出来る背びれをうごかせとそいつはおれに言うおまえは一匹のさかな さかなさ荒れたこころの大海原を 泳いでこいと力尽きるまで  力尽きるまで涸れたひとの流れをさかのぼるボロボロに鱗(うろこ)も剥がれ 血に染まったようなそいつが虹いろのさかなさ  投げうつがいい 自分を捨てされば巨大なうねりに揉まれても怖...

SHARE

白萩

0
■白萩遠くのすそ野がふくらんで なんだかあしもと遠のくようです降りつづく秋雨に こぼれる白萩をそっと見つめています白毫寺 あなたが言い出さなければあのとき来なかった じき逢魔が時もう終わっちゃったひとね 私ってそうね だけどあとすこしだけがんばらせて根付はあなたの遺骨(ほね) ふとにぎる風の姿を見たひとはひとをつつむ風になれるのでしょう鐘は鳴る憂えるひとにも白萩の白はさびしさにも映える白毫寺 あなた...

SHARE

さびしくないわけじゃないけれど

0
■さびしくないわけじゃないけれどもしもしあたし 今、出先から3分ちょうだい 電話すぐ切るからさあたしねまたも そうふられたわあんたよりもマシだと思ってたひとに優しい男だったけど近すぎるって言われたのきみの気持ちが重すぎるとそんなふうにも言われたさびしくないわけじゃないけれどさびしいと泣き明かすわけでもない冬なのにあたたかいあたしは何やらうすら寒いのに世間はいつも その気にさせる挨拶ばかり 配るから ...

SHARE

スケート・ボーダー

0
■スケート・ボーダー派手な電飾のまえ自慢のデッキでいっきに駆けぬけた友だちにひけらかした彼女に振られた失恋も勲章ソーダの炭酸がすきとおるようにぼくのなかを 彼女が抜けるマンホールの蓋(ふた)でダンス柱をくぐり ジャンプ 宙返りすると さかさまになる町 Sk8er Boiセイシェルの40フィート牙を剥く波を操る気分で傷だらけの音をさせ会話するデッキで風を追い越そうよだれにでも16歳があるようにぼくにも16歳があった...

SHARE

出血

0
■出血集合写真の欠席者その枠の中に僕はいつもいるんだ時をやり過ごしていたならマッシュ・アップ聞こえる今年ももう暮れてゆく出血がとまらないただの怪我じゃない心は膿んでさえいる教室をはなれて大人になっても欠席しているきみにこっちから さよなら言える気持ちをいつ手に入れられるか純なる者だけがつよさを持つという逆に失恋も偉業だふたりでフェスにも行ったしね車中泊もしたそんな夢をみていたかった出血がとまらない...

SHARE

Mosh

0
■Moshベルガモットワインと マラ・デ・ボワの相性がいいように今日あった出来事とか話してるとなんとなくくすぐったいわたしの首のつけねと腰のくびれはあなたが手を置くところくちびるはくちびるを求め Moshこの愛はその愛を求めて Flushいつまでも笑っていたはずなのになぜこんなふうに終わるの Strushマリアージュ たとえばそんな仲ね教授夫婦あこがれたわたしたち45回転のアナログ針をおとし議論をたのしんでたあなたの腕のく...

SHARE

該当の記事は見つかりませんでした。