FC2ブログ

歌詞のようなブログ

MENU

催花雨(さいかう)

0

■催花雨(さいかう)

きみは長く押し黙ったあとでやっと
かぼそい声で話しはじめてくれたよ
途切れがちな会話 電波が悪いから
雑音がかなり大きく聞こえてくるね

仕方ないよねあれから 
一年はかるく経ってるから
でもきみを惑わせるつもりなんかはないんだ

あの約束のことごめんねと
僕が言いかけたら
きみが急にはなしを遮(さえぎ)って
どうか謝らないでと泣きそうな声で言う

結婚の話 きみの家族に反対されて
泣く泣く あきらめた 
僕は雨に濁る川に浮く空き缶のようだ
コサギが片足上げて僕を見つめているよ 催花雨(さいかう)

生きる手段のために利口になるなよ
バイト先の社長さんが僕に言うよ
あれから僕は仕事三昧(ざんまい)の日々さ
しごとしてない歴 長いからキツいよ

ふたりは摘まれた花さ
次の花良く咲かせるための…
僕はぶつけようのない苛立ちと共にいる 

きみはパートに出ているんだね
それじゃ頑張ってね
さよならと言いかけた時に
電話は電波の具合か 突然今切れた

これっきり二度と 電話しないでってことだよね
こういう展開は
はじめっから読めてたよと 言いつつ僕は涙
時はいつも喪失(そうしつ)を置く  催花雨(さいかう)


さいかいう9bc5f9a7a2fe6bb172675d0aba90a0e3



SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。