歌詞のようなブログ

MENU

古い手紙

0

■古い手紙

昔さびしい男がいて 
そのさびしさゆえに
男を愛した女がいた

人間嫌いで頑(かたく)なで
愛し方も知らぬ
男を愛した女がいた

今も男はあんまり変わっていないが
ダメ男の典型 理屈のように生きる

古い手紙に 震える手で書きつくした
どの言葉も嘘で 書く傍(そば)から破り捨てた
古い手紙に しまい込んだかなしみたち
蓋(ふた)をした それ以降 心閉ざし 恋などしない

昔かなしい男がいて 
そのかなしさゆえに
かなしく終わった恋があった

誰もがペルソナを持つが
涙ひとつで そう
ペルソナは足もとへとおちる

男は昔よりもっとさびしくなって
誰にもそのことすら 悟らせたりはしない

古い手紙に 青インクが埋めた
皮膚もろとも剥がれ落ちるよな想いだった
古い手紙に 思い出さえ封印した
本当は 何を書きたかったのか もうわからない

男は今も手紙を書いている

今も男はあんまり変わっていないが
ダメ男の典型 理屈のように生きる

古い手紙に 震える手で書きつくした
どの言葉も嘘で 書く傍(そば)から破り捨てた
古い手紙に しまい込んだかなしみたち
蓋(ふた)をした それ以降 心閉ざし 恋などしない


SF912-598x800 古い手紙

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。