歌詞のようなブログ

MENU

アメジストとブルーレースの夜明けに

0

■アメジストとブルーレースの夜明けに

アメジスト色とブルーレー・ス色
やがて薄まり
夜明けのレースが靡(なび)く

ともだちに居てもらった
夜もようやく明けてきた
なんとか大丈夫そう
涙につきあわせてごめん

まだ彼の言葉が渦巻いているの
こんな終わり方 こんなフラれ方
最初から予感してたことが
本当になって ふと遠くなるのよ

彼のこと今も嫌いと思えない どうしても
心はもう一番遠い場所にあるのに
くちづけも凍る 昨夜の駐車場で
私は あんなにもちっぽけになったのに 
…好きでいたかった

恋はふたりだけでする
そうとは決まってはいない
途中で誰か入れば
3人模様だってあるわ

胸をよぎるものが 彼である限り
あんな愛し方 あんな焦がれ方
それを越えるものわたしにはない
だから彼を愛した自分を越えるの

友だちがもらい泣きしてくれる でもきっと
彼でよかった 他の誰でもよくなかった
愛してたことも フラれたこともみんな
いつかは なつかしく思い出せる日がくる
…だから生きてゆく

まだ彼の言葉が渦巻いているの
こんな終わり方 こんなフラれ方
最初から予感してたことが
本当になって ふと遠くなるのよ

彼のこと今も嫌いと思えない どうしても
心はもう一番遠い場所にあるのに
くちづけも凍る 昨夜の駐車場で
私は あんなにもちっぽけになったのに 
…好きでいたかった

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。