歌詞のようなブログ

MENU

航跡

0

■航跡

夢みることに疲れただけよと
すこししどけなく歌うように
あなたに語りかけたけど

慣れ親しんだ故郷のぬくもりに
場違いなわたしを見つけるたび
駄目になりそうだった

あなたの変わらないやさしさ ずっとずるいと思ってた
香りを聞くように 昔の恋を聞くわたしも そう

この手紙が着く頃は また もとの都会ぐらしよ
私が帰るのはあなたの胸じゃない

ひとは旅立ち いくど船に乗ることだろう
ひとの心に いくたび航跡を残すだろう

懐かしさに胸を借りてみても
忍び込むさびしさの気配を
なぜかぬぐい切れはしない

ともだちの親切や励ましに
会うたび つめたい都会へ戻る
ことを ついに決めたの

叶えることすべてじゃない 夢のためにして来たこと
汗と涙 きっと そっちのほうが輝くし大事

何を手に入れたかではではなく何をしてきたかよ
あなたに見送りさせるなんてできない

古い港が 遠くなる こんな早い朝
ひとはこころに いくたび航跡をきざむだろう

あなたの変わらないやさしさ ずっとずるいと思ってた
香りを聞くように 昔の恋を聞くわたしも そう

この手紙が着く頃は また もとの都会ぐらしよ
私が帰るのはあなたの胸じゃない

ひとは旅立ち いくど船に乗ることだろう
ひとの心に いくたび航跡を残すだろう

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。