FC2ブログ

歌詞のようなブログ

MENU

焔歌(えんか)

0

■焔歌(えんか)


ストーブの上のヤカンが鳴ってる
みずいろにけむる朝 六畳一間の
畳の青にふるえてさっきから
煙草ばかりを吸うあなたは仏頂面

△ 涙ほど嘘になる こんな恋たどるように
摺(す)りガラスの窓にもたれてそっと
雨つぶを撫でている

いつからいつまでなんてわからない
終わりもはじめもふたりには同じひびき

焔歌(えんか)が聴こえる
季節のせいには出来なくて 無頓着なまま
はなれていっても
焔歌(えんか)が聴こえる あどけない姿で
こころでいつまでも手を握っていましょう △

悪戯に過ぎる時を羨(うらや)んだ
ふたりの暗い瞳 おざなりにした
ものたちに怯えながら抱きあうたび
いつだって若さは汗ばんでいる

いっそ見えなきゃいいね あなたはくちを滑らす
愛のうしろ姿も これ先の不安も
見えなけりゃいいよね

何も感じないこころが欲しい
いつだって余計ふたり傷ついてしまう

焔歌(えんか)が聴こえる
それが正しいことのように そこに別れがある
でも出逢ったことは
間違いではない どこかであるときに
こころで手をつなぐぬくもりを思い出す

△くり返し


3602840617d1a9ac9e168e2288c98671.jpg

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。