FC2ブログ

歌詞のようなブログ

MENU

まちの女

0

■まちの女


干し草のうえに よこたわるなんて
はじめてよ いいかおりがするわ
あなたのその手に わたしはつつまれる
美しさに 手のひらを伸ばすの

あなたに似てるひとを思いつかないわ
たとえ名前が違っていたとしても
わたしは探し出すでしょう あなたを

あなたが過ぎてしまっても
わたしが過ぎてしまっても
今こうしてふたりが愛し合っていることは
決して過ぎない 

99%のかなしみがあったとしても
あとの1%のしあわせを 選び取れる自信があるわ
これは歴史ね わたしたちしか知り得ないもの 

島のすみずみ おぼえておきたいの
なつかしい 潮にまぎれてくる
恋する歌聴き 太古の昔から
ひとはみな せつなさに目を閉じた

あなたが云えばそれを正しいと思う
たとえ間違ってても信じて
ふたりを他のどこにもないものにする

あなたが通って来た道と
わたしが振り返ってきた来た道
ちょっとした運命の歯車があわなければ
ふたり出会えなかった

ささやかなもの それだけが誇りとして残ってゆく
ふたりが消えたあともここにある 誰にも見えなくても そう
これは歴史ね わたしたち以外知らなくていい

あなたに似てるひとを思いつかないわ
たとえ名前が違っていたとしても
わたしは探し出すでしょう あなたを

あなたが過ぎてしまっても
わたしが過ぎてしまっても
今こうしてふたりが愛し合っていることは
決して過ぎない 

99%のかなしみがあったとしても
あとの1%のしあわせを 選び取れる自信があるわ
これは歴史ね わたしたちしか知り得ないもの 


thumb_9772_default_1600.jpg

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。