歌詞のようなブログ

MENU

グリーティング・カード

0

■グリーティング・カード

いつも通る帰り道が一変したみたい
よそよそしい空気に 僕の足取りも重い

ガード下も焼き鳥屋もコンビニもなぜだろう
僕にすればすべてが絵空事みたいなんだ

夕方じかにきみから打ち明けられた
本心を冷静に今受け止めようとしてる
襟足汗がつたう音がする
夏の終わり 吹く風がすこし涼しいね

きみを愛してやまないとあんなに
毎日同じ言葉胸で綴りつづけた
きみへのグリーティング・カード
今日でさいごになるなんて

最大の関心事はなぜフラれたかってこと
男っぽい性格 それはむしろきみだから

手をつなぐと指と指のあいだにダイヤモンドが
見えるでしょうと言うきみも確かにいたよね

ひとごみに紛れるきみの背中
追いかけたけど結局見失ったドジな僕さ
さよならなんかじゃ終われやしない
言いかけた僕の視線振りほどいたきみ

きみへの愛はとめられないと夢中で
毎日記念日のように 胸で綴っていた
きみへのグリーティング・カード
さっきつづり終えたばかり

「もし愛が戻ってくる日がきみにあれば
僕はいつだって受け入れる用意があるから
いつ帰ってきてくれてもいいよ」

夕方じかにきみから打ち明けられた
本心を冷静に今受け止めようとしてる
襟足汗がつたう音がする
夏の終わり 吹く風がすこし涼しいね

きみを愛してやまないとあんなに
毎日同じ言葉胸で綴りつづけた
君へのグリーティング・カード
今日でさいごになるなんて



galleryImage_1386829663 池高潔 4

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。