歌詞のようなブログ

MENU

僕の手

0

■僕の手

自分を鎧(よろ)うためだけにいつも そうさ
僕のこの手はかたく組まれていた
きみの手に会うまで 僕の両手はそう
あたま抱えるためだけにあった

自分のことを祈るためだけにあった
僕の手は誰の手も 拒んでいた
君が手を差し出してくれて 握手して初めて
僕は失くせたよ 僕のかたくなな生き方を

僕の手ときみの手ができる手のしごとは
思う以上にたくさんあるね
こんなふうにたくさんのひとの手が
結ばれていったらいいね

今 きみを抱きしめるために
いっぱい いっぱい この手がある

今思えばいつだってチャンスはあった
僕は忠告も受け入れなかった
両手をふさぐ口実をばかり主張し
まるでそれが正しさのようにはなしてた

きみにうながされたときなぜか自然に
勇気だして僕は手を差し出した
自分を囲うような両手の片方で
僕はきみの温度が持つやわらかさにふれた

僕の手ときみの手が作る世界は
無尽蔵にあふれてくるのさ
こんなふうにたくさんの手が
出逢いをかさねたらいいね

そう 愛を もっと知るためにも
いっぱい いっぱい この手がある

僕の手ときみの手ができる手のしごとは
思う以上にたくさんあるね
僕らの手がいだけることで
世界に笑顔溢れてよ

今 きみを抱きしめるために
いっぱい いっぱい この手がある

僕の手ときみの手がつなぐ世界は
とても可能性に満ちている
こんなふうにたくさんの手が
想いをむすんだらいいね

今 愛を もっと知るためにも
いっぱい いっぱい この手がある



f877c08b5661b11177057e4a03cb0934.jpg

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。