歌詞のようなブログ

MENU

シャナナ

0

■シャナナ


一度っきりのふたり 潮風
抱きしめて 愛をたしかめて
二度と来ないときを かんじて
砂浜ゆけば 波のシンフォニー 

こころに熱さえあれば
いつでも夏にいられる
シャナナ 雨も風も嵐も怖くない
シャナナ きみがいなくなるのが怖い

もしきみが今 ブルーなら 僕もブルーにうるむ
くちびるで刻みあえば 
ブロンズ像のように ふたりだけで シャナナ

うそのようには生きていけない
ぼくらは傍観者じゃいちゃいけない
惜しみなく与えあう すべてを
人生でも そう ふたりでいられたら

こころは煙る孤島さ
でも雨あがりには虹
シャナナ この世界で怖いものなどない
シャナナ きみがいなくなる以外には 

もう気取らずに きみといる 僕は一生いるよ
かなしみに閉ざされた
時のむこうにはほら ふたりがいる シャナナ

こころに熱さえあれば
いつでも夏にいられる
シャナナ 雨も風も嵐も怖くない
シャナナ きみがいなくなるのが怖い

もしきみが今 ブルーなら 僕もブルーにうるむ
くちびるで刻みあえば 
ブロンズ像のように ふたりだけで シャナナ


48411bfdfd90dedff70c1e5355964e8f.jpg

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。