FC2ブログ

歌詞のようなブログ

MENU

普通のドラマ

0

■普通のドラマ


きみはタンポポの綿帽子
息を吹きかけまき散らしてる
僕は鉄棒にぶらさがり
さかさまな世界を見つめてる

美しいものは残酷だね
きみにふと言いかけてやめる

告るよ きみに全否定されてもいい
告るよ 嫌われる覚悟すら持ってる
きみがためらいがちにうなずいたとき
夕暮れが最後の光のように降りそそいだ

これは悪役しかいないドラマ
沈黙のなかの背徳行為
殺人者より罪深いことは 気づかぬ心
それすら日常的なものに過ぎないのに

きみは可愛い怪獣だから
すぐに泣いては躊躇(ちゅうちょ)するけど
きみの髪にふれているうち
この手にきみの息がかかるよ

きみに会って間違いに気づいた
僕は偽善者を演じてた

告るよ きみのために一度だけ死ねる
告るよ すべて捨てる決意持ってる
何を知った気で 何をやった気でいる
愛のため僕まで失くすならそれも受け入れる

これは悪役しかいないドラマ
みんながそれぞれみんな疑ってる
生きながら死者にされる それが二人なら
悪の相関図もあってないようなものさ

世界には売ってないものがある
きれいなものほど毒をひめてる
常識など捨てよう 恋は非常識なものだから

猜疑心が渦巻く 普通の
ドラマのひとコマにいるのさ

告るよ きみに全否定されてもいい
告るよ 嫌われる覚悟すら持ってる
きみがためらいがちにうなずいたとき
夕暮れが最後の光のように降りそそいだ

これは悪役しかいないドラマ
沈黙のなかの背徳行為
殺人者より罪深いことは 気づかぬ心
それすら日常的なものに過ぎないのに


af1d5df90279415548c19a2c22cebba8.jpg

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。