歌詞のようなブログ

MENU

ロザリオ

0

■ロザリオ

ガラス瓶の帆船が海へと行く日
彼の人は帰ってゆく Into God's Eyes

人生はつかの間のジョークなのさと
親指たて わらう顔が わたしには見える

熱く熱く心は滾(たぎ)る今も
アリゲーターみたいな ジャガーと レースを
こよなく愛した男(ひと)よ Bon Voyage

想いは見えない けれども話しかけている
今しばらくは私のそばにいて
風のように生きたひとの想いが私には聴こえる

「らしさ」の中でもがくときには「らしさ」を
何度でもぶち壊して前に進めと云った

レースの終わり知らせるチェッカー・フラッグ
振り下ろされても おれたちは終わらないんだと

授けられたいのちの別のBirth Day
この次生まれてきても みんなで会おうね
そちらもこちらもGateはひらいている

小さなロザリオ わたしの想いの代わりに
そっと砂に埋めてここを立ち去ろう
やがて そう遠くないうち わたしの想いも風になる



tumblr_mdc9im9g2U1qzdwi5o1_500.jpg

ea0d7439e0074abc51d9db610ad73ed4.jpg






SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。