歌詞のようなブログ

MENU

時雨

0

■時雨

吸わないタバコに火を点けてみる
飲まない酒をふとそそいでみる

振り向かせるだけが恋じゃないと
通じ合うばかりが恋じゃないと言い 

されど老いさらばえても
燃えるものありて
もの思う夜

こんな炎はしぐれによく似合う
雨は炎をさらに燃え上がらせ ついには消すよ

言わぬがいい 言わぬがいい きみは
僕はおくびにも出さないだろう
知らぬがいい 知らぬがいい こんな
勝手なぼくの想いなど 

似合わぬ場所へと出かけてみたり
馬鹿げた時をそう過ごしてみる

あとから誰かにわらわれそうな
自分のせつなさが まだうそのような

されど老いさらばえても
きみのこと想えば
冬舞う蛍

こんな気持ちはしぐれによく似てる
雨は降ってはやんで やりきれずに 夜のむこうへ

ふれぬがいい ふれぬがいい きみは
手を出すと 火傷(やけど)をしてしまう
ひとりがいい ひとりがいい きみに
裏切りをおしえたくない

何も失くさず血も流さずに
手に入れられるものはないから
きみよ これは 雨のはなしさ

されど老いさらばえて
燃えるものありて
もの思う夜

こんな炎はしぐれによく似合う
雨は炎をさらに燃え上がらせ ついには消すよ

言わぬがいい 言わぬがいい きみは
僕はおくびにも出さないだろう
知らぬがいい 知らぬがいい こんな
勝手なぼくの想いなど 


rain-nature-animated-gif-6.gif

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。