歌詞のようなブログ

MENU

硯箱(すずりばこ)

0

■硯箱(すずりばこ)

空をゆく 花びら数えし
我が心 問いかけて  
筆を置く 綴り終えたし
文は出す あてもなく

あれから墨をすり 書に向かう
あのさよならは
硯箱にしまえど  
きみがくれし 痛みすら 愛(かな)しくて 
さめやらぬ想い なおもつぶやく    

ちがう場所に 離れしものの
この季節 同じ花
きみもまた 見てると願い
筆を執り 文綴る

きみ眠らせし 波打つ髪も 
なだらかに褪せる 
硯箱の中から
聴こえる想い すべてが消え去っても
残るものありて なおも囁く


o0658068212211814161.jpg



SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。