歌詞のようなブログ

MENU

氷重ねの恋

0

■氷重ねの恋

水の鏡に映る有馬富士に
赤や黄もかすれゆく頃
千丈寺湖のボートで僕らの
瞳の奥にゆらめく光の環(わ)

本当のことはなにひとつなかったことにしよう
こんな気持ちを誰に告げよう

かなしみは捨ててゆけ  君のかなしみは
僕が引き取る
未練なら捨ててゆけ 僕も捨ててゆけ
ふたりなら軽く軽く泣こうね 氷重ねの恋 

僕は僕のこだまを聞いてた
自分の気持ち追いかけた
君の立場を考えたか
今さら身勝手さに息苦しい

そっと君のなみだ顔 手を伸ばしてみるけれど
逆光が眩しくてみえないよ

涙など捨ててゆけ 君を縛るもの
僕に捨ててゆけ
なさけなど捨ててゆけ 過ぎてゆくものに
何ひとつ想いなど残すなよ 氷重ねの恋

苦しくて笑えるぐらい 本気だったけど
さびしくてしてみた恋 そのようにふるまおう

本当のことはなにひとつなかったことにしよう
こんな気持ちを誰に告げよう

かなしみは捨ててゆけ  君のかなしみは
僕が引き取る
未練なら捨ててゆけ 僕も捨ててゆけ
ふたりなら軽く軽く泣こうね 氷重ねの恋


korinokasane3 氷




SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。