歌詞のようなブログ

MENU

スカイラウンジ

0

■スカイラウンジ

ラウンジで一杯やるのならいい
そう返事をしておいた

あなたからの電話の声に ふと
心決めた私だった

紫の影は薔薇のあざのようだわ
アイラモルト飲んで 窓を見たら

日常会話だけ交わす その線

人影もまばらになる ふたりは違うフライトを待つ
日付も変わる 空港のスカイラウンジ

あなたの好きな香りを 纏(まと)った
言葉が立つようでしょう

私じゃなくっちゃいけないことが
あなたにもあったかしら

結局なにひとつ えらべはしなかった
運命ならふたり 変えられた

最後のやせ我慢 瞼ふせるの

出国が近づいてる ふたりもうじき機上のひと
それぞれの時 時計あわせ かるく手を振る

変わり得ぬこと 変えるために
事実はいつもふたつある Uh 死ぬほど


dining-skylounge 空港



SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。