歌詞のようなブログ

MENU

つばめ

0

■つばめ

そういえばたしかこのあたりの
アパートの一階の部屋で
カタコトのひとと暮らしていた
あの女性も見なくなった

雨煙るこんな日 窓辺で そう
彼らはいつも見つめていた
低くかすめ飛ぶ つばめもいない
この町は空き部屋のよう

たどたどしい愛は 壊された
つばめの巣のよう

海を越えてきたのに この国でくらせないつばめたちが
ただつぶらな目をして 電線で雨に打たれている

雨が降ると この一角は
サン・ジェルマンと似てなくもない
ひとが怖いという理由から
雨の日わたしは出かける

わたしも前はここのあたりで
好きなひとと暮らしていたけど
彼によく手をあげられてたの
暴力がでると ふたりは泣いた

暴力のあとは 以前(まえ)以上に
彼はやさしかった

ひとを愛せないのよ 裏切られることを怖がるあまり
孤独なつばめたちの 姿をわたしは見上げてる


dD3tGQOzvFss.gif

燕c62d5890b7e1310997e780d1b1520249

cb483a0c4f4d8f1f9c88000b89b5caf6.jpg



SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。