歌詞のようなブログ

MENU

僕を忘るる歌

0

■僕を忘るる歌

忘れてゆくことは 容易くない
椿の紅ひとつ 僕がおとせば
円(まどか)にゆらめく水の鏡に
きみの口紅いろがほどかれて

何に姿かえても もはや僕は
きみの瞳には映りはしない
きみはすべてのものに僕を見て
哀しいという声でまた呼び戻す

此処と其処を継いで繋がれる愛は
こんなにもあるのに
笹鳴きが伝う おだやかな日に
きみはまた涙する

忘れてよ 忘れてよ 僕のためにも
きみのためにも 歌ってよ 僕を忘るる歌

思い出にまどろんでいるきみよ
僕のことを想うなら 次にある
きみの倖せにどうか会い給え 
それが僕の切々たる願い

見えないけれど 手紙を放るよ
あとはそうさきみが受け取る番だ
哀しいものすべて 彼岸に返せ
忘れることはいつもあたらしい

僕たちなかったことにされるのだろうか
あとかたもなければ
春嵐(あらし)騒ぐけど こころは閑か
この寺の境内は

忘れてよ 忘れてよ 僕のためにも
きみのためにも 目を上げて 僕を忘るる歌


tumblr_n0r563ugPU1tsubvzo1_500.gif



SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。