歌詞のようなブログ

MENU

恋音

0

■恋音

ラフマニノフの「音の絵」
きみは同じところで
必ず間違えるけど
今日はうまくいったね

だんだん上達してく
きみのピアノの音に
ぼくは聞きほれているよ
レパートリーもふえた

きみの上手(うま)すぎない
ピアノに恋をしてても
となりの教室にいるのは内緒さ

もうじき放課後だね
夕日がきれいだ 
もし恋をしてなければ
こんな綺麗な夕日にも気づかず
わからない奴のままでいたよ

転校するなんてまさか
思いもしなかったし
きみはいつもより綺麗
リボンもあたらしくて

ふつうの挨拶なんか
したくなかったのにさ
なんか気の利いたことを
言えないのがぼくなのさ

音楽室あけてみる
ピアノが置いてあるから
おぼつかない指で鍵盤(キー)なぞっている

カーテンが 深呼吸する
ぼくが弾いている
ラフマニノフの「音の絵」
下手は下手なりにこの一曲だけを
マスターするまで腕をあげた  

きみとゆびを揃えてる 妄想中
Listen 遠くはなれてるきみと今連弾してる
念願のFour-hand  それは誰にも知られず
終わったぼくの恋音だった


tumblr_nq4tqieLeZ1u43p4zo1_500.jpg

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。