歌詞のようなブログ

MENU

心音(こころね)

0

■心音(こころね)

ほんとは逃げてしまいたい
あなたじゃなきゃことわった
頑なに生きてきたから
うなじを固くしてはりつめる

読まないでください どうか読まないで
こんな女の心音など 本当に
なンにもない なンにもないんです

あれは本を読んでいたようなものと言えば
僕にはただひとつの現実だというあなた 

からかわないで わたしの過去まで愛せるの?
ちょっとあなたのほうの 日向をまぶしげに見る

わたしじゃなくちゃいけないと
そんなふうに思いつめる
あなたは知らないでしょう
わたしの中の傷たちを

恋に酔うひとりより  ひとりじゃないけど
誰も知らぬ心音なら ひそやかに
自分だけが 知ってればいいんです

物語なんかじゃないものをこれからは
ふたりでいっしょに読もうとわたしを諭すあなた

そう ふたりだけに かさなるもの答えだといいね 
胸のかざぐるまふと まわるわたしの心音

もうなれないのにいいの? 花
はなからなれないのに 母
まだなれないのにいいの? 港

読まないでください どうか読まないで
こんな女の心音など 本当に
なンにもない なンにもないんです

あれは本を読んでいたようなものと言えば
僕にはただひとつの現実だというあなた 

からかわないで わたしの過去まで愛せるの?
ちょっとあなたのほうの 日向に匂い懐かしい


アスク109908_960n





SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。