歌詞のようなブログ

MENU

はだかの樹

0

■はだかの樹
 
私を降ろして 霧の中
テイルランプは消えてゆく
あなたの車を見失うように
今当たり前に愛が終わる

答えられないことばかりを 
あなたに訊(たず)ねてきてたわ
現れないひとをあなたに 
私探し出そうとしていたわ

ああ ひとははだかの樹ね 心などという
不実なものに惑わされて 
つかの間 さびしい小枝をふれあわす

あなたの心変わり 私のせいだとわかるの
明日にすら行きまどう この肩は ふるえる花びら

永遠を誓いあったのに 
頬を切るこの枯れ葉より
約束などかるいものだと知った
これから何を信じたならいい?

見つからないことばかり そう
あなたに求めてきてたわ
しあわせばかりあなたに また
望もうとしていたわ 

ああ ひとの谷間ゆけば  行き着くあてなく
さまざまな木々に足をとられ
私の森はどこまでつづくのかしら

わがまますぎた私 行き場を失くしたちすくむ
死ぬ勇気もない かなしすぎてつい笑ってる


15-art-in-sleep-paralysis-by-nicolas-bruno-yatzer 木

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。