歌詞のようなブログ

MENU

看々臘月尽(みよみよ ろうげつつく)

0

■看々臘月尽(みよみよ ろうげつつく)

はたと立ち止まり 見上げた
あのひとが涙にうるんでく

その思いがけぬ 言葉が
なぜか聞き取れなかった私

言って欲しかった 僕と一緒に
生きてくれと

ちぎり絵のようなこの町

うららかな日ざしが
にくらしかったの
こうしてふたりが別れてゆくなんて 春めく城下町

町で偶然に 会ったら
どんな顔すればいいのでしょう

てっきりそうだと 心で
用意してた勘違い あんまり

あなたと結ばれない運命が
信じられずに

ちょうどこんな日 賑わいに

出かける この界隈(あたり)
だけが変わらない
今おもえば若かったの 振り返れば のどかな城下町

時が過ぎるのは早いもの
だから今を大事にしたい
看々臘月尽(みよみよ ろうげつつく)

言って欲しかった 僕と一緒に
生きてくれと

ちぎり絵のようなこの町

うららかな日ざしが
にくらしかったの
あの日ふたり別れたことなんか 知ってる城下町



E6B2B3E58E9FE794BA1.gif




SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。