歌詞のようなブログ

MENU

Culaccino(クラッチーノ)

0

■Culaccino(クラッチーノ)

気がかりな手紙を受け取った
なぜか差出人の名前がない
ホテルのテーブルに グラスを置いて
気持ちを決めて封をそっと切った

「愛している」たったそれだけが
便せんにはつづられていた
あなたのしわざね

たどる男の文字 「愛している」 
いろんな意味がある言葉よ

肩で息をつく きっとそのほうがいいわ
長いこと考えあぐねて あなたは決めた
「愛している」はわたしへのさよなら

窓からはいい風が吹いてくる
ちょっと中庭まで出てみるわ
Culaccino(クラッチーノ)グラスの底に出来た
まあるい跡はすぐに拭えるけれど

「愛している」そんなひとことが
ふたりにまだからみつくのよ
男と女ね

無尽蔵にあるけど 「愛してる」
あの意味ではもう使えない

異国にまで来て やっと時が来たみたい
「愛している」わたしからもあなたに返すわ 
「愛している」ふたりだけのさよなら



わFinal_2-07

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。