歌詞のようなブログ

MENU

抱いてやれればいいのだけれど

0

■抱いてやれればいいのだけれど

おまえがふいにたずねてきたわけを
俺はなんにも聞かないけれど
あいかわらず俺はこんなふうだし
シャレのひとつも言ってやれない

あの日恋に落ちて
あの日別れたことも
気まぐれ風に吹かれたせいにして

知らず知らずおまえが黙るのを
こうしてわらってみているだけさ

意地っぱりだね 強情だね
曲がってるね どっちもどっちさ 

おまえのそんな さびしさを せめて
抱いてやれればいいのだけれど
抱いてやれればいいのだけれど

酒も飲まない煙草ももうやめた
テレビも見ない あれからべつに
いいことも特別悪いこともない
不幸じゃないが 幸せでもない

だけど歳を取った
老いを感じだした 
おまえもそんなふうに思わないか

仕方なしに おまえは横を向く
青春のかけらが ふっとよぎるよ

我が強いよね 不器用だね 
素直じゃないね お互い様だね

おまえのために なにかしら せめて
はからい事でもしてやれたなら
してやれたならいいのだけれども

知らず知らずおまえが黙るのを
こうしてわらってみているだけさ

意地っぱりだね 強情だね
曲がっていね どっちもどっちさ 

おまえのそんな さびしさを せめて
抱いてやれればいいのだけれど
抱いてやれればいいのだけれど



tumblr_mon9m66IDh1s6na3ko8_1280 抱いて


SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。