歌詞のようなブログ

MENU

いなほせ鳥

0

■いなほせ鳥

ちがう男のうでのなかにいても
それでもこころはあなたに寄せる
ささやきかける 男の肌をぬけ
私は余計に あなたを想う

ああ あの日に帰れないなら 
鳥になるよ
とおい空を飛ぶ

ひとの言葉も忘れて 躰(からだ)突き抜け
鳥が鳥が羽ばたく

あなたが消えれば この星に
私はどこにもいないと同じこと 
わたしの心は いなほせ鳥

六処抜け出しゃ 六つ鏡がある
忘れてゆくほどあなたが恋しい
いろんな色と いろんなかざりに
染まるたびごと あなた求める

ああ あの日もこの日も同じ空
同じ空でも
違う空を行く

見えない翼がどこか連れてゆくのよ
わたし見知らぬおんな

あなたのいる場所 そこだけが
帰れぬふるさと そんな悲しさゆえ
わたしはあてない いなほせ鳥

意地を通せばなおさら
あなた 忘れられない

ああ あの日に帰れないなら 
鳥になるよ
とおい空を飛ぶ

ひとの言葉も忘れて 躰突き抜け
鳥が鳥が羽ばたく

あなたが消えれば この星に
私はどこにもいないと同じこと 
わたしのこころは いなほせ鳥



T8HWiSMz2xs8.gif




SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。