歌詞のようなブログ

MENU

Five o'clock shadow

0

■Five o'clock shadow

夕方5時を過ぎれば俺の
頬に暗い影が伸びてきて
頬ずりするとチクチクすると
お前は抵抗しているけど

もうキスで閉じ込める
背後(うしろ)はきらめく残照

今日までつづくと誰が思っただろう
ひと夏の恋をひと夏のバカンスかさねて

Five o'clock shadow
おまえと飲めば グラスから雲が立つ
マカディア・ジンジャー・エール
くるぶしまでCruiseしよう(Five o'clock shadow)
お前と淡くとけていこう 人生の翳りは美しい

働く犬は嫌だと言った
そんな若い日もあったけれど
リードを自分が持ってるなら
一生しごと それもいいだろ

そう お前がわかるよ
すてきなガーネットさ

Immさえも 違えたくないんだよ 
これこそ運命だから手放したくないのさ

Five o'clock shadow
ふたりのゲームは 危険を選ぶ
おまえを抱けば こんなにも胸が空(す)く
マジェスティック・スカイ・ホテル(Five o'clock shadow)
かかとからそっとまた始めよう 終わりの美学から始めよう

もうキスで閉じ込める
背後(うしろ)はきらめく残照

今日までつづくと誰が思っただろう
ひと夏の恋をひと夏のバカンスかさねて

Five o'clock shadow
おまえと飲めば グラスから雲が立つ
マカディア・ジンジャー・エール
くるぶしまでCruiseしよう(Five o'clock shadow)
お前と淡くとけていこう 人生の翳りは美しい



James-Jagger-2016-Vogue-Hommes-Paris-Cover-Photo-Shoot-002-800x500 夏

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。