歌詞のようなブログ

MENU

かいてん木馬

0

■かいてん木馬

夜な夜な薄着で 美味しいケーキ
ぶら下げて 女友だちがあつまった

男のこととか 仕事のこととか  
結局は たべもののはなしに落ち着く 

あの頃のわたし NGね
常温タイプの恋 見栄で捨てた 

かいてん木馬 まわる まわる
わたしもまわり続ける
かいてん木馬 とどまれない
その先を知るひとなどいない

たしかこんな冬 あなたに出会った
今はもう ふたりを知るひといないけど

住所録からも消した あのアパルトメント
おしゃれさえ 今はみんな自分のためなの

たなごころに溜めた 涙たち
雨粒にしてそっと 空に投げる

かいてん木馬 上がる 下がる
人生はつづいてゆく
かいてん木馬 わるい ことも
赦(ゆる)してしまえばいいことなの

死ぬまでわすれない せつない胸の音
あなたに思える 人影が
幻でも トレンチを縛る

あの頃のわたし NGね
常温タイプの恋 見栄で捨てた 

かいてん木馬 まわる まわる
わたしも変わりつづける
かいてん木馬 とどまれない
その先を知るひとなどいない


sv1vxXPIXAWT.gif









SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。