歌詞のようなブログ

MENU

Ah-Woo

0

■Ah-Woo

僕の海には太陽が沈まない
壊れゆく砂のベッド
あまい熱にうなされてる

どんなに想っても届かないそんな
世界の存在を知る
きみがいても僕がいない

メキシカン・ジャンピング・ビーンみたい
そう言うと きみは笑うよ

Ah-Woo Ah-Woo 哀しい声で
想いがあふれてゆく 胸は涙でいっぱい
Ah-Woo Ah-Woo 言葉もなく
このままどうでもいい そんなわけはないだろう 
Ah-Woo Ah-Woo Ah-Woo 

失うことが怖いから従うの?
あいまいな会話にして
核心を逸らしあってる

世間は罠を嘘と見抜いている
薄いガーゼを巻いても
一気に暴き立てる

嘆かわしい風潮って そう
僕のような人種のことさ

Ah-Woo Ah-Woo 心ぬれても
伝えきれないままで 勝手に傷ついている 
Ah-Woo Ah-Woo 僕は狼
いいひとなんかじゃない きみ想い月に吠える   
Ah-Woo Ah-Woo Ah-Woo 

73億個の接吻(ベーゼ)を送ろう 
世界がきみに見えるから 

メキシカン・ジャンピング・ビーンみたい
そう言うと きみは笑うよ

Ah-Woo Ah-Woo 哀しい声で
想いがあふれてゆく 胸は涙でいっぱい
Ah-Woo Ah-Woo 言葉もなく
このままどうでもいい そんなわけはないだろう 
Ah-Woo Ah-Woo Ah-Woo  Ah-Woo・・・・・・




preview.jpg

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。