歌詞のようなブログ

MENU

男唄

0

■男唄

車座になってすわる夜は
ポツリと本音があればいい
洒落てることなどどこ吹く風
無事に生きてりゃそれでいい

自分をつらぬく 旅のさなか
歳は取っても みんな
ほんのり ふと あどけない

まだ無いものがあるうちは
青春なんだとよ  そうさ

時のながれに 棄ててきたものに
おもわぬこころを拾うこともある

生きてることは まぐれよ
That's all right
そんな男たちの男唄

愚痴にしたならつまらない
理屈なんかじゃかわせない
地味に目立たぬほうがいい
らくなことなどなくていい

何もない筈(はず)が ないだろう
ここまで生きてきたからにゃ 
傷のひとつや ふたつある

まだ足りぬものここにある
だから先にいける  そうよ

ひとはそれぞれ いろいろあるがいい
まだ完全にわからぬほうがいい

限りなくうぶでいよう
That's all right
ジンと胸を突けよ男唄

夢におわりはありゃしない
むかしばなしより今を語ろう

自分をつらぬく 旅のさなか
歳は取っても みんな
ほんのり ふと あどけない

まだ無いものがあるうちは
青春なんだとよ  そうさ

時のながれに 棄ててきたものに
おもわぬこころを拾うこともある

生きてることは まぐれよ
That's all right
そんな男たちの男唄



f987af611098c11d9abf78235ddaa156_20170608154935590.jpg


SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。