歌詞のようなブログ

MENU

スタントダブル

0

■スタントダブル

一緒にエレベーターに乗りこむ瞬間
きみの髪と化粧と香水と生理の
匂いが入り混じり いっきに襲ってきた

エレベーターの他のひとたちは僕らを
デリヘルと客そんなふうに見てただろう
僕は 顔イジったきみになにも言えない

渋谷の夜空に うっすら貼りつく星座は
売れ残りの銀のアクセみたいに くすんでる

最近きみと露骨にうまくいかないから
誰かにスタントダブルを頼みたくなる

この僕という夜行性動物
監視カメラの下いくつも すり抜けて
ショーウインドゥのマネキンにでも
今度恋してみようかな

ベトナム料理のナンプラーの匂いがする
じゃれあってきみとしているくちづけの味
人工美の夜が まわりはじめてゆくよ

この夜空の下 さまざまなことが起きてる
ある命は終わり ある命は生まれてくる

劣性の遺伝子が廃棄される時代が
そのうち来たら僕も要らなくなる

きみという高等動物は そう
馴れたしぐさで 男の部屋の鍵開ける
自分をどう咲かせるかなんて 
そんなことばかり考えてる

脳内のいたるところにシャッターが降ろされている
僕含めて 廃人だらけさ この街は

渋谷の夜空に うっすら貼りつく星座は
売れ残りの銀のアクセみたいに くすんでる

最近きみと露骨にうまくいかないから
誰かにスタントダブルを頼みたくなる

この僕という夜行性動物
監視カメラの下いくつも すり抜けて
ショーウインドゥのマネキンにでも
今度恋してみようかな


141l9hf スタ


SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。